スポンサーリンク

住宅ローン金利・借り換え比較ランキング

Pocket

住宅ローン金利・借り換え比較ランキング(おまとめローン)

今、借り換えユーザに選ばれる住宅ローンとは?

日銀による2016年1月のマイナス金利政策の導入決定、イギリスのEU離脱の国民投票結果を経て、2016年9月に日銀は長期金利を0%程度を目標とする新しいマイナス金利政策を導入しました。

この結果、9月半ばにかけ上昇していた長期金利も、9月末にかけ低下し、8月末の水準と同水準の長期金利となりました。

この結果、2016年10月の住宅ローン金利は9月の金利を据え置く銀行が大半となりました。

2016年に入り金融政策が大きく動く中、過去の住宅ローンの金利水準と比較すると、史上最低水準の住宅ローン金利が継続しています。

2016年に入り様々な銀行・金融機関が過去最低水準の住宅ローン金利を引き下げると共に、各種報道が過熱したことでこれまで借り換えにあまり積極的でなかった人たちも借り換えの比較・検討をはじめていると言われています。

確かに今住宅ローンはどこを選んでも低金利ですが、そんな中でも特に優れた住宅ローンを選ぶためにTVや新聞の報道だけに踊らされず住宅ローンの借り換え先の比較はしっかりと行うようにしたいものです。

さて、初めて住宅ローンを申し込む人と比較して、一般的に住宅ローンの借り換えユーザは変動金利でなく固定金利を選ぶ傾向にあると言われています。

変動金利がこれだけ低金利の時代に、なぜ、借り換えユーザは固定金利を選ぶ傾向にあるのでしょうか。

その理由は以下の3点にあると言えるでしょう。

1.購入時と比べ住宅ローン残高が減っているので、金利差が総返済額に与える影響が小さいこと
2.住宅ローンの返済経験から毎月の返済額や金利が変わらない事の大切さを理解していること
3.不動産会社の営業マンのセールストークを受けず、自分自身で冷静に返済計画を考える時間と知識があること

これから借り換える人におすすめの住宅ローン

では、これから借り換えを行う人は、どのような金利タイプの住宅ローンを選べば良いのでしょうか?

結論としては、「金利を固定できる期間がある程度長く、低金利でバランスの良い住宅ローン」である「10年固定金利」か「日銀マイナス金利の導入で今後金利上昇する可能性が低くなっている」ことを考えて、「変動金利」のどちらかがおすすめしたいと思います。

変動金利も10年固定金利も、各金融機関での金利引き下げ競争が続いた結果、史上最低水準の金利まで低下しています。

10年固定金利の場合、固定期間終了後に金利が上昇するリスクはありますが、そのころにはローン残高は今よりも更に減りますので、十分に対応可能でしょう。

また、金利が固定されている10年間を活用して繰上返済を着実に進めることは非常に重要で、繰上返済の利便性や手数料は住宅ローン選定・比較の重要なポイントです。

変動金利を選ぶ場合、繰り上げ返済を積極駅に進めることで低金利を最大限に生かすことを心がけましょう。

「全期間固定金利」の住宅ローンを選ぶ事を否定するわけでは決してありません。

特にフラット35も過去最低水準の金利が続いていますので、全期間の金利を固定できるフラット35に借り換える人も増えていますし、全借入期間の金利を固定できるフラット35を選ぶことも低金利のメリットを最大限に受ける借り換え選択肢の1つと言えるでしょう。

借り換えユーザにおすすめの住宅ローン ランキング

借り換えにおすすめの住宅ローンランキング1位
りそな銀行 りそな借りかえローン
金利 変動金利:0.569%(2016年10月適用金利)
固定金利:10年0.450%(2016年10月適用金利)
保証料 無料
繰上げ返済手数料 一部無料(※Webコミュニケーションサービス「マイゲート」のご利用が条件で無料となります。 ※詳細は公式ページをご確認ください。)
団体信用生命保険料 無料
事務手数料 32,400円(税込)+お借入れ金額(元金)×2.16%(税込)
借り換えにおすすめの住宅ローンランキング2位
住信SBIネット銀行 住宅ローン(ネット専用住宅ローン)
金利 変動金利:0.497%
10年固定金利:0.500%
保証料 無料
繰上げ返済手数料 無料
※ただし、固定金利期間中に全額返済(完済)する場合のみ32,400円
団体信用生命保険料 無料
※なんと、8疾病保障の保険料が無料で付帯
事務手数料 融資金額の2.16%(税込)
借り換えにおすすめの住宅ローンランキング3位 イオン銀行 住宅ローン
金利 変動金利:0.570%
固定金利:10年0.790%
保証料 無料
繰上げ返済手数料 無料(イオン銀行店舗で50万円~、インターネットで1万円〜)
団体信用生命保険料 無料
事務手数料 定率型:融資金額の2.16%(税込)
定額型:108,000円(税込)

投稿日:2016年10月4日 更新日:

執筆者:

TOP