スポンサーリンク

ローンの固定金利と変動金利について

Pocket

金融会社からローン融資を受ける場合、金額が少額ならば、金利は固定されがちです。

これに対して、金利が変動する変動金利制は、長期で大口のローンに対して行われます。

固定金利のローンと、変動金利のローンとで、異なっている部分とは、一体どこでしょう。金利が途中で変わることがなければ、最初にローンを利用した時に、利息額が確定されます。

けれども、状況によっては、変動金利にしておいたほうが、返済がしやすくなることもあります。

固定金利にして、金利を一定にしておいたほうが、安心感は高くなるでしょう。

最終的な返済金額を調べてみると、変動金利で融資を受けるほうがお得になることもあります。

場合によっては、金利が格段に上がることもあるでしょうが、大抵は金利の変動はそれほどではありません。

変動金利は、まとまった金額を一度に借りなければいけないようなローンなら、より有利になります。

ある程度のリスクが含まれている金融商品は、リスクが排除されている金融商品よりも、結果的な得が大きくなります。

金銭的なリスクをおかせば返済金額は少なくできるかもしれませんし、リスクをさければ返済金額は大きくなります。

消費者金融議会は固定金利のローンを扱っていることが多いですし、銀行は変動金利と固定金利のどちらも扱うことが多いようです。

経済指標カレンダー

金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー

投稿日:2016年9月30日 更新日:

執筆者:

TOP