ビジネスローンの特徴を知って賢く利用する方法

ビジネスローンの代わりに、キャッシングローンを利用するという場合もありますが、大抵は生活費のような用途にしか使えないお金といえます。

キャッシングの場合は、事業資金、他社借換、投機性資金などは除くと説明されていることが多いようです。

ビジネスに使うお金にしたい場合は、キャッシングで借り入れたお金をあてることはできないとわけです。

ビジネス目的として借入したいのであれば、専用のビジネスローンを利用するのが得策でしょう。

ビジネスのためだけのお金がビジネスローンであり、その他の使い方で融資金を消費することは認められていません。

数あるビジネスローンの中でも、消費者金融会社の商品は事業資金と生活費の両方に対応していることもあります。

消費者金融機関の金利はキャッシングより低い程度ですが、住宅ローンや、自動車ローンなどの目的型ローンと比較すると高金利なっています。

自動車や家といった担保に相当するものが不要な代わりに、金利がやや高く設定されているのでしょう。

仮にビジネスローンを利用するなら、完済までの見通しをある程度は立てておくことが必須になります。

早期に完済した方が、その分だけ利息を低く抑えることができるので、毎月の返済に加えて、余裕が有るときには追加返済をするようにしましょう。

始めにまとまった借り入れをするより、資金が必要になる度に少しずつ借りたほうが、結果的には利息を抑えることが可能です。

同じビジネスローンでも利用方法によっては、返済額に差が生じてくるので、仕組みをよく理解して、賢く利用したいものです。

コメント