ローンの返済は繰上げした方がお得

ローンの返済予定よりも期日を繰上げしてお金を返すことで、総支払額を減らすことが可能になります。

返済日より早く返済ができればできるほど、利息は少額で済ませられます。ローンの利息は返済残額に対して計算されるので、早く返済した方が支払う利息も少なくて済みます。

利息が増えるのは、借りたお金を返し終わるまでに時間がかかった時です。ローンの利息は日割り計算ですから、1日早ければ1日分利息が減ります。金融機関との取り決めに基づけば、月々の返済日までの返済でいいのですが、早くに返済したほうがお得です。

臨時の収入があったり、生活費が余るなどしてお金の余裕が出来たら、繰上げ返済に充てることを検討してみましょう。

残高が少なくなった方が、加算される利息は少額になりますので、それだけ完済しやすくなります。

ローンは長期的に借入をするほど、総支払利息が増える仕組みになっています。ローンの利息を抑えるには、返済を早め早めに行うことです。

無理なく返済を前倒しするには、計画をきちんと立てることです。ローンの内容によって、繰り上げての返済が不可能な場合もありますが、カードローンを利用しているなら、いつでも早めの返済が認められています。

期日どおりの返済を続けるだけでなく、条件が合ったら前倒しで返済をして、利息を減らすことを考えてみてください。

コメント