マンション購入時の住宅ローン金利について

マンションを買う時は、マンションの条件と、予算とのバランスを考えるものです。

もしも、住宅ローンを利用してマンションを買うことを検討しているら、ローンの金利次第で支払うことになる金額は全く違うものになります。

仮に3,000万円を35年、金利1%だとすると総支払額で3500万円以上となり、利息分だけでも500万円を超えるほどのの支払となります。

3000万円の住宅ローンを利用した時に、金利が1%ではなく、0.8%だったとすれば、利息は400万円です。

つまり、100万円は払わずに済むというわけです。

金利差はちょっとしかないように思えても、実際の支払いでは100万円も差が出てしまうというわけです。

新しくマンションを購入する時には、大きなお金が動くことが一般的なので、金利の違い程度は見逃されてしまうことが多いようです。

何千万円もするものをいざ買うことになると、金銭感覚が麻痺ることもあるかもしれませんが、ちょっとしたこともにも注意を向けましょう。

高い服やインテリア、自家用車、ごちそう、旅行など、100万円が浮けばその分は色々な可能性があるお金といっていいでしょう。

金利は見た目は数%の小さな値ですが、計算される利息は大きな金額になることをよく理解しておく必要があります。

毎月いくらずつの返済になるのか、利息はどのくらいか、総額の支払い額はいくらかなど、色々な点を含めて住宅ローンを検討することです。

住宅ローンの金利は、変動タイプと、固定タイプのほか、変動と金利を組み合わせたミックスタイプなどがあります。

各金融会社ごとに、いろいろな貸付条件を設定している住宅ローンがありますので、マンションを買う時にじっくり考えることです。

コメント