スポンサーリンク

ローンの金利 住宅ローン

マンション購入時の住宅ローン金利について

投稿日:2016年9月27日 更新日:

Pocket

マンションを買う時は、マンションの条件と、予算とのバランスを考えるものです。

もしも、住宅ローンを利用してマンションを買うことを検討しているら、ローンの金利次第で支払うことになる金額は全く違うものになります。

仮に3,000万円を35年、金利1%だとすると総支払額で3500万円以上となり、利息分だけでも500万円を超えるほどのの支払となります。

3000万円の住宅ローンを利用した時に、金利が1%ではなく、0.8%だったとすれば、利息は400万円です。

つまり、100万円は払わずに済むというわけです。

金利差はちょっとしかないように思えても、実際の支払いでは100万円も差が出てしまうというわけです。

新しくマンションを購入する時には、大きなお金が動くことが一般的なので、金利の違い程度は見逃されてしまうことが多いようです。

何千万円もするものをいざ買うことになると、金銭感覚が麻痺ることもあるかもしれませんが、ちょっとしたこともにも注意を向けましょう。

高い服やインテリア、自家用車、ごちそう、旅行など、100万円が浮けばその分は色々な可能性があるお金といっていいでしょう。

金利は見た目は数%の小さな値ですが、計算される利息は大きな金額になることをよく理解しておく必要があります。

毎月いくらずつの返済になるのか、利息はどのくらいか、総額の支払い額はいくらかなど、色々な点を含めて住宅ローンを検討することです。

住宅ローンの金利は、変動タイプと、固定タイプのほか、変動と金利を組み合わせたミックスタイプなどがあります。

各金融会社ごとに、いろいろな貸付条件を設定している住宅ローンがありますので、マンションを買う時にじっくり考えることです。

-ローンの金利, 住宅ローン
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

借り換え先の選び方

住宅ローンは、融資額の大小によりお得なローンが異なります。 例えば融資手数料は定額と定率(融資額に比例)の2種類があります。手数料が定率だと、低金利のメリットが帳消になるような多額の手数料を支払うこと …

学費の支払いに利用できるローンについて

学生の中には、学費を捻出するために、銀行のカードローンの申込みをする人もいます。 学生にとって、学費は生命線ともいえる重要なものです。 足りない場合は、ローンの活用などが必要になります。 銀行の中には …

学資を準備するために使えるローンは?

学資が必要になった時に利用できるローン商品としては教育ローンと奨学金があります。 教育ローンは民間の金融機関が提供している商品で、主に親などが子供のために学資を借りるといった性質のものです。 借りた資 …

住宅ローンの借り換えで確認するポイント

住宅ローンの借り換えにかかる手数料とは   住宅ローンの借り換えをする時に、案外とおろそかにできないものが手数料です。 手数料が、借り換えの得を相殺する可能性すらあります。 借り換え時にかか …

no image

お金を借りる時にはローンの比較サイトで調べてから申し込む

消費者金融会社や、銀行など、色々なところでカードローン融資を利用できます。 担保や、保証人がなくてもカードローンは利用できますので、大勢の人が積極的に使っています。 各金融会社によってカードローンの貸 …

TOP