住宅ローンにおける税金の控除について

住宅ローン控除は、住宅ローン融資を受ける時に知っておいたほうがいいことですが、意外と理解していない人が大勢いるようです。

住宅ローン控除とは、住宅ローンを利用すると、その年以降の税金が一部控除されるというものです。

税金の控除について詳しく知らないという人が多いのは、会社に勤めていると会社が年末調整等をしているからでしょう。

住宅ローン控除という制度は、確定申告を行うことではじめて控除されるものであり、会社員によっては馴染みがありません。

いくかの条件をクリアしていなければ、住宅ローン控除は利用できませんが、適用されれば所得税から一定額が控除されます。

単に住宅を建てればよいというものではなく、第一に自分で住むものであること、また10年以上の期間でローンを返済するというのが条件となります。

住宅ローンの借入金額によっても控除額は左右されますので、人によって条件は違います。

新しく居住を始めた年末の段階で、ローンの残高がいくらか算出し、その1%が控除額です。

ただ待っていればいいものではなく、自分で確定申告の手続きをして、住宅ローン控除額を申請しなければ、適用はされません。

確定申告を行うためには、建物・土地の登記事項証明書、建物・土地の不動産売買契約書の写し、住宅ローンの残高を証明する残高証明書などが必要です。

これまでは、会社側が税に関する処理を済ませてくれているため、確定申告の方法がよくわからないという方もいます。

はじめて住宅ローン控除の手続きをする場合には、あらかじめ自分で税務署に行って相談をしてみることをおすすめします。

コメント