住宅ローン控除という制度について

住宅を購入する時にローンを利用する人が大半ですが、住宅ローンを利用した時には、住宅ローン控除についても知っておきましょう。

払うべきところをきちんと払い、払わずに済むところは払わなくていいようにするためには、住宅ローン控除について理解しておくべきです。

住宅ローン控除は、住宅ローンを借入れて住宅を取得した場合に取得者の金利負担の軽減を行っていく為の制度となっています。

借り入れを行った年の年末のローン残高と、住宅の取得対価を比べて、少額のほうの1%を算出し、その数字を以後10年園、所得税から差し引きます。

その時に計算した金額が、所得税より多かった場合、引き切れない金額は住民税からも差し引けます。

税金負担を軽減できるという点でとても優れています。

とはいえ、年末の住宅ローン残高には金額の上限が定められていますし、入居した年を起点にして計算しなければなりません。

不動産を購入したのはいつの時点なのかで、控除額は大きく違ってきますので、それは事前にチェックしておく必要があります。

住宅ローンの控除については、平成26年までは最大200万円、平成26年以降は最大400万円と、控除額の条件が大きく変わってしまっています。

消費税率の変更にともなって、住宅ローン控除の制度も優遇されるようになり、その差は大きなものとなっています。

どうして、住宅ローンの控除について知っていなければならないのかといえば、確定申告を自分で行う都合上、やむをえないことです。

自分で確定申告の手続きを行うのは大変だという人もいますが、所得税だけでなく住民税も安くなるかもしれないというのは魅力的です。

住宅ローンの控除は正しい手順で申請をすれば、所得税や、住民税から引かなければならない控除額を、きちんと適用することが可能です。

コメント