ローンの審査時に確認される項目

初めてローンの申し込みをする時には審査がありますが、審査の結果によっては融資が受けられないことがあります。

もしも、ローンの審査を受けて、NGの結果が出れば、融資を受けることができなくなってしまいます。

ローンの審査時にチェックされる項目は、いろいろあります。

一つの会社に長く勤めていること、年収が高く安定していることが、ローンの審査では有利に働くと見なされています。
金融機関は、ローンの審査を行うことで、お金を貸した顧客が、利息をつけてきちんと返済してくれるかを知ろうとしています。

ある程度の収入がない限りは、借りたお金を返すことができないという視点に立って、年収を確認するわけです。

そのため、経営が安定している企業なのか、倒産のリスクはどの程度あるかも審査の対象になります。

身分がどこまで保証されているかをはかる着眼点として、健康保険に加入しているかがあります。

大手企業の健康保険組合に加入している方が、ローンの審査に通る可能性が高い傾向にあるようです。

国民健康保険は、月々決まって保険料を支払っていないと利用できません。
健康保険は、病気や怪我に対する医療費を、一部負担するものです。
その点、大手企業の健康保険に加入していると、給料から医療費が自動で差し引かれていますので、ローンの返済が滞る理由にはまずなりません。

申し込んだローンの審査結果が期待に沿わなかった場合、今までのキャッシング履歴にトラブルがあることや、この健康保険が関係していることもあります。