ローンの審査期間は目的により異なる

審査でOKが出なければ、ローンの借り入れを利用することはできませんが、審査で費やす時間は金融機関によってまちまちです。

審査期間が短いことを売りにしている金融機関もあり、お金を借りられるまでにどの位かかるのかは気になる所です。

銀行や貸金業者をはじめとした様々な金融機関では、数多くのローン商品を取り扱っています。

どんなローン商品であっても申込みをした時には審査があり、無事通らなければお金を借りる事はできません。

融資を受けるためには、審査が必要というのは、銀行や他の貸金業でも共通することです。

金融業者の扱うローンは大別して二つであり、目的型ローンと、フリーローンがあります。

自家用車や、住居など、購入たいものがあらかじめ明確になっていて、そのためのローンを借りたいという時に利用します。

それに対して、多目的ローンは、借りるお金の使い道は原則として自由なので、何に使っても良いとされています。

借りたお金の使用用途以外には融資額に差があり、目的別ローンの方が高い傾向にあります。

多目的ローンとは、比較的少額のお金を手軽に素早く借りるのに適した商品として作られているからです。

目的型ローンは、審査の結果が出るまでしばらく待ちますが、多目的ローンのほうはあっという間です。

まとまった金額を借りることができて、金利もフリーローンより低く設定されていることが目的型ローンの強みですが、その代わりに、審査には時間がかかってしまいます。