スポンサーリンク

ローンの審査 ローンの金利

ローン申込み時に必要になる担保とは

投稿日: 執筆者:tmmaster096

Pocket

担保を用意することで、高額のローンを利用するという手段があります。
金融会社からすれば、ローンで貸したお金の回収がうまくいかなった時には、担保を回収させてもらうという選択肢が保険になります。

担保は、人的担保と、物的担保という、2種類の担保があります。

物的担保と呼ばれるものは不動産などであり、人的担保とは連帯保証人のことです。

もしも、借りたお金が返せなくなると、物的担保を売り払って、そのお金が返済になります。

極端な言い方をするなら、ローンが返せなければこの物件を売り払って構いません、という約束を事前にした上でお金を借りるわけです。

物的担保のいいところは、どのくらいの価値があるか大体見積もれるという点です。

評価価値の高い担保があれば、有利な借り入れが可能です。

大口で長期の融資や、金利も安くなりますので、非常に重宝します。どんな家や土地でも担保にできるというわけではありません。

ローンの審査を行う時に、担保の試算価値についてもじっくり診断されます。

評価価値をつけやすく、効果的な担保にすることができる住居は、不動産ローンで重宝されています。

ただし、担保を用意した時のローンの審査はどうしても時間がかかっていますまので、まとまったお金を借りたい時にかやりません。

教育ローンを組む時や、無担保ローンの返済に用いることもあります。

ローンの返済遅れのリスクとは

もしも、ローンを利用したけれど、返済が追いつかなかったりすると、何が起きるでしょう。

ローンは確実に期日までに返済をしなければならない事は誰もが知っていることです。

返済の期日があることを分かっていたとしても、お金が無くて返済できないこともあります。

事情はどうであれ、期日までに返済が出来なかった場合には、ローンの遅延履歴が残されてしまいます。

1日、2日のうっかり忘れは珍しくないかもしれませんが、数ヶ月の延滞は事情が全く違います。

1週間以上遅れてしまう人は、すでに返済不能な状態にあることが多いのです。

返済しなければいけない日までの入金ができていない場合は、相応の延滞金を支払うことになります。

利息に遅延損害金が加算されるので、通常よりも多くの支払いが必要となります。

ローンは遅延するほど返済が難しくなるので、期日まで返済できるように計画して借りる必要があります。

借りる前にシミュレーションをして、期日に遅れることなく、必ず返済しなければなりません。

返済が滞ると、新規の融資ができなくなることがあります。

今後新しくローンを組みたい時も審査に通らなくなりますので、要注意です。

ローンの返済が遅延してしまうとメリットは何一つないため、無理なく返せる範囲で、お金を借りるようにしましょう。



スポンサーリンク

-ローンの審査, ローンの金利
-, ,

執筆者:

関連記事

ローン会社のカードローンの申込方法について

金融会社のカードローンのサービスを利用して、お金を借りたことがあるという人は少なくないようです。 もしも、不測の事態などが発生して、お金をつくらなきゃいけないという時には、カードローンの融資を受けると …

おまとめローンは低金利だから利用価値あり

銀行や消費者金融などのローン商品の中には、おまとめローンという名称の商品があります。 おまとめローンは、融資限度額を他のローンと比べてみると、比較的大きい枠に設定されています。 金利が低いことも、おま …

フリーローンのメリットとデメリットについて

納得のいくフリーローンの使い方をするには、フリーローンの魅力だけでなく、フリーローンを使うリスクに関しても知っておきましょう。 カードローンはフリーローンの一種と言えますが相違点があります。 利用限度 …

学生で利用できるクレジットカードの比較

学生でも利用できるクレジットカードは、使いやすさで比較することが重要です。 クレジットカード会社の多くは、社会人向けのクレジットカードとは別に、学生用のクレジットカードを発行しています。 もしも学生の …

カードローンの申込はいたってシンプル

パソコンやスマホを使って、ネットでカードローンの申込をするやり方はとても簡単で、スムーズにできます。 かつては、カードローンの申込を行う時には、無人契約機を使ったり、店舗窓口から行うというものでした。 …

TOP