スポンサーリンク

ローンの金利

ローンを利用する時には金利を確認する

投稿日:2016年9月15日 更新日:

Pocket

ローンの金利を調べるには、商品概要の実質年率を見れば分かります。自分がどのくらいの金利のローンを利用しているのか、把握することは大変重要です。

金融会社のローンの条件を確認すると、4.5%~17.5%というように、かなり幅のある書き方になっているものです。

金利を一律にしない理由は、借入残高によって利率が変わるようになっているからです。

まとまったお金を借りた時には、低金利で融資が受けられます。

借入金が100万円より多ければ、大抵の金融会社は15.0%以下の金利設定で融資を行うようになります。

金利が分かりやすい記載になっているローンは、限度額別に利率表記をしているものです。

100万円は14.5%、150万円は12.0%などと細分化されているとわかりやすいでしょう。

金利何%での融資を受けることができるかがはっきりすれば、ローンの返済金額を計算することが可能になります。

消費者金融ローンの多くは、申込み時の審査が終了するまで、金利はわかりません。

大手の銀行が扱っているローンでは、貸付上限金額別に、金利がはっきりと書かれていることがあります。

ローンのお金を無理なく返済するためには、金利何%で融資を受けるかをはっきりさせておくことです。

-ローンの金利
-, ,

執筆者:

関連記事

ローンの借り換えとシュミレーションについて

今借りているローンを、別の金融機関に借りかえる際には、シュミレーションを済ませておくことが大事です。 きちんとシュミレーションをした上で借りかえを決めなければ、後になって悔やむことにもなりかねません。 …

住宅ローンの試算をする方法について

ローンを組む時には、確実に全額を返せるように、事前によく考えることです。 特に住宅ローンは高額になるので必須です。 住宅ローンを事前に試算しておく場合、考えておくべきことは何でしょう。 書面作成時の手 …

ローンの試算をするときは金融機関のサイトを利用する

もしも、金融会社からローンを組みたいと考えるなら、綿密に試算をしてから、融資を受けることが重要です。 ローンの試算は複雑なものですが、金融機関のサイト上では返済シュミレーションなどの試算ができるように …

住宅ローンの試算をする方法について

ローンを組む時には、確実に全額を返せるように、事前によく考えることです。 特に住宅ローンは高額になるので必須です。 住宅ローンを事前に試算しておく場合、考えておくべきことは何でしょう。 書面作成時の手 …

事故情報と借りている件数がポイントになるおまとめのローン

おまとめのローンは、返済中の他社のローンを、1社からの借り入れになるよう借り換えることです。 しかし、必ずしも審査で貸し付けOKとなるとは限りませんので要注意です。おまとめローンの申込みをしても、審査 …

TOP