スポンサーリンク

ローンの審査 ローンの金利 自動車・バイクローン

中古車購入の際にはローンの金利に注意

投稿日: 執筆者:tmmaster096

Pocket

少なからずの人が、お値段が安いからと中古車を買う傾向があるようです。

ピカピカの新車を高いお金を出して買うより、中古車でいいから状態のいいものを安価で買いたいという考え方もあります。

中古車ローンは、中古車とはいっても高額な買い物になる以上、手持ちの資金では足りないという人向けのローンです。

近年では、新車ではないけれど登録されただけで車道をほとんど走行していない新古車の販売も盛んに行われています。

新車の販売価格と比較してみると、中古車はとても安価に販売されていると思ってしまいがちです。

金額が低いといっても、その場で現金払いで購入できるような気軽な買い物ではないので、ローンの利用者も大勢います。

金利何%のローンを組むのかは、事前によく調べておきましょう。

ローンを組む時の条件をしっかり確認しなければ、ローンを組んで中古車を購入したところ、利息を加えた返済額が新車並みになることもあります。

新車を買うためのローンと、中古車を買うためのローンは、紹介する販売店が違うことから、おのずと別々なものになるものです。

自動車メーカーはメジャーな会社でもありますから、それなりに大規模な金融機関がバックについていて、ローンが組めることもあります。

新車のほうが低金利でローンを組めることが多いことから、中古車をローンを組んで買ったところ、結果的に新車を買った時と費用が変わらないということもあります。

中古車は、新車よりも低価格で購入できるという利点はありますが、自動車ローンの貸付金利が高くなる傾向がありますので、よく吟味することです。


スポンサーリンク

中古車ローンの審査のポイント

中古車ローンを組む時は、一般的な自動車ローンよりも、高金利になりやすいようです。

中古車は、評価価格があまり炊かなくならなすので、新車のローンを組む時と違い、担保価値がわずかです。

ただし、中古車の中には価値の高い車種がありますので、新車並みの価格で取引されている中古車なら状況次第といえます。

中古車ローンの審査では、今の会社に何年勤めているかや、年収がどのくらいかが大事です。

正社員は、月々の収入が保証されているからという理由で審査の評価が高くなります。

また、年収が高く、勤続年数が長いと実績になります。

年収があまり高くなくて、ローンの審査に通らないのではないかと不安な人や、勤続年数が1年未満の人などは、頭金を多めに用意しておいたほうが審査に通りやすくなるでしょう。

例えば、200万円の中古車を買いたくてローンが組む場合、150万円も頭金があれば、ローンに通ることはそう難しい話ではありません。

審査をクリアできるかわからないという時は、頭金を余計に積むことで、審査の不利な面をフォローするわけです。

もしも、銀行から融資を受ける時には、信用情報に不利な点があると、審査で断られてしまうことがあります。

個人信用情報のブラックリストに入っていれば定かではありませんが、一般的に、自動車のディーラーさんが勧めてくる中古車ローンなら、審査には落ちにくいようです。

もしもローン等を利用することがあれば、後々のためにも、決まった日までにお金を返すようにしましょう。

中古車をローンで買おうと考えている人は、普段からローンの返済トラブルを起こさないように気をつけておくことが大切です。

中古車をローンで購入するときの頭金について

中古車をローンで購入するとき、頭金がいくら必要なのかは、さまざまな事情によって変化します。

普通は、希望する借入金額に対して2割~3割の頭金があれば、お金を借りることが可能になると言われています。

ローンを利用して中古車を手に入れる場合の最初のハードルとして、ローンの審査に通るかどうかということがあります。

当然ですが、頭金をたくさん用意している程、ローンの審査の難易度は下がります。

中古車ローンの審査がクリアしづらいのは、新車のローンよりも、担保として使う車の価値が低くなりがちだからです。

けれども、価値の面では新車と大して変わらないような中古車も少なくないため、例外は常にあります。

ローンの申込み時の審査では、年収や勤続年数のほかにも個人信用情報、他社からの借入状況などが審査の対象になります。

もしも、ローンの審査に通らなそうな気がするならば、頭金を余計めに準備しておくことで、審査に通る確率を上げることができます。

また、審査に通ったとしても、その後きちんと返済できるかということも考えておかなければなりません。

借入金額が大きいほど毎月の負担が増えたり、返済期間が長くなって、利息の負担割合も上がります。

月々の分割で支払っているとつい見逃されがちですが、シミュレーションをしてみると利息が割高な場合もあります。

ローンの手続きを行う前に、あらかじめ入念な試算を済ませておいて、いくらぐらいの返済ペースが最もいいか考えることが大切です。

-ローンの審査, ローンの金利, 自動車・バイクローン
-, ,

執筆者:

関連記事

ローン会社のカードローンの申込方法について

金融会社のカードローンのサービスを利用して、お金を借りたことがあるという人は少なくないようです。 もしも、不測の事態などが発生して、お金をつくらなきゃいけないという時には、カードローンの融資を受けると …

銀行のビジネスローンを利用する時

もしも、事業資金として数千万円を必要としている場合は、銀行から無担保のビジネスローンを使うといいでしょう。 ただし、ビジネスローンを申し込みたいと思った場合には、やっておいたほうがいいことがあります。 …

住宅ローンの借り換えをする時には

住宅ローンの借り換えは目先のことだけでなく長い目でみて行うべきです。 家を購入するために利用するものが住宅ローンです。 大抵の人は家を買うことに気をとられて、ローンの検討が後手に回ってしまうことがあり …

no image

バイクローンは頭金を用意すると借りやすい

自動車ローンは、自家用車を購入する時だけでなく、バイクを買う時にも融資を受けることが可能です。 自動車という範囲にバイクも入っていますので、自動車ローンでの手続きができるというわけです。 もしも、バイ …

no image

自動車ローンの比較について

自動車を買う時にローンを組むつもりなら、購入を決める前に自動車ローンについての下調べを済ませておく必要があります。 自動車は購入金額が高いものなので、少しの金利の差でも、支払い総額は大きく変わってくる …

TOP