スポンサーリンク

ローンの審査 ローンの金利

学生で利用できるクレジットカードの比較

投稿日:2017年8月30日 更新日:

Pocket

学生でも利用できるクレジットカードは、使いやすさで比較することが重要です。

クレジットカード会社の多くは、社会人向けのクレジットカードとは別に、学生用のクレジットカードを発行しています。
もしも学生のうちからクレジットカードを持ちたいと思ったなら、サービスを提供している金融会社は多いので、手軽に申し込むことができます。

どのクレジットカードが、どんなサービスを取り扱っているか情報を集めた上で、最も使いやすそうなものを選択するようにしましょう。

使いやすそうなクレジットカードを見つけたら、複数のカードを見比べてみて、どのカードがいいかを決めることです。

学生用のクレジットカードは、普通のクレジットカードよりも、カードを使って利用できるサービスの内容が狭まっているものです。

クレジットカードの利用制限とは、法律的に学生に対してはそのような対処をしなくてはいけないことになっているからです。

最近のクレジットカードは、決済に利用できるショッピング枠のほかに、融資を受けられるキャッシング枠があります。

ショッピング枠は法律での制約はありませんが、キャッシング枠は総量規制の対象になるので、年収の1/3以上の借り入れは認められません。

金融会社の中には、キャッシング枠を大きくは設定できないからと、低金利での融資ができるようにしてあるところもあるといいます。

学生用クレジットカードで、キャッシング枠を使って融資の申し込みをした時でも、20万円以上の借り入れは認められていません。

低金利で融資が受けられたほうが、返済時の負担は軽くなります。クレジットカード選びをする時には、そういったポイントも調べておくことです。

楽天プレミアムカード

学生がクレジットカードを作るために必要な年収は

学生がクレジットカードを作るとき、審査がありますが、収入がまったく無くても大丈夫なのでしょうか。

普通のクレジットカードでは、毎月の収入を確認することが審査では欠かせませんが、学生ではそうではありません。

学生なら、お金を自分で稼いでいなくても、クレジットカードは利用できます。

収入のない学生の場合、総量規制の制限に引っかかってしまいますので、キャッシング融資を受けようとしても、審査は通りません。

しかし、クレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象にはなっていませんので、収入がない学生でもクレジットカードはつくってもらえます。

失業中の人は、クレジットカードの審査には通りにくいことはよく知られていますが、学生の本分は勉強ですから、学生向けのクレジットカードで働いていないことは問題になりません。

未成年の学生である場合には、クレジットカードの申込み時には、親の同意が必要になります。

ただし、クレジットカードのキャッシング枠は消費者金融会社からのキャッシング融資と同等に扱われますので、貸金業法の総量規制があてはまり、収入を得ていなければ利用が認められません。

仮に、ちょっとしかアルバイトをしていない人、継続的な収入が見込めない人は、クレジットカードのキャッシング枠は0円にすることです。

クレジットカードの申し込みでは、キャッシング枠はあまり利用しないほうがいいでしょう。

働いていない学生や、年収があまり高くない学生の場合は、クレジットカードをつくれるとしても、ショッピング枠だけにしておくのがおすすめです。

アルバイトでまとまった収入がある学生の場合は、クレジットカードのキャッシング枠を利用することも可能です。

楽天プレミアムカード

学生の場合のクレジットカードの審査について

クレジットカードを学生に対して発行する場合、申し込み時の審査でチェックされている事柄とは、一体何でしょう。

学生ではなく、一般的な社会人の場合には年収や勤続年数などが、審査の対象となっているのはよく知られているところです。

金融会社としては、貸したお金を確実に返済してくれる顧客にだけ融資をしたいわけですから、審査の段階できちんと調べるのは、当たり前のことです。

一方で、学生は社会人ではなく、自分自身の安定した収入はありません。

アルバイトの収入額や、留年はしていないか等を調べるのでしょうか。

クレジットカードの審査の対象は、実は社会人の場合とは大きく異なるようです。

学生の場合、本人のバイトでの収入額や留年の有無などは全く関係ありません。

学生が用いるクレジットカードでも、その親の返済能力で審査をします。この時、審査の基準はかなりゆるくなっています。

もちろん、その結果として利用限度額も10万~20万程度と、社会人向けのカードと比較するとかなり低めに抑えられています。

クレジットカードが、学生カードをつくっているのは、戦略の一環です。学生の時にクレジットカードを持つと、就職してからも同じクレジットカードを使い続け、いい客になってくれることが多いといいます。

社会人になって、学生時代に使っていたのとは別のブランドをメインカードとする人は決して多くはないでしょう。その意味では、多少審査の条件を低くしても、早いうちから顧客として囲い込みたいというカード会社の考え方があると言えるでしょう。

-ローンの審査, ローンの金利
-, ,

執筆者:

関連記事

ローン選びで大切な金利比較

返済の負担を軽くするためには、低金利のローンを見つけることが重要です。 各社の貸付条件を確認するためには、ローンの比較サイトをチェックする方法が効率的です。 各金融会社が取り扱っているローンの内容を検 …

ローンの試算をするときは金融機関のサイトを利用する

もしも、金融会社からローンを組みたいと考えるなら、綿密に試算をしてから、融資を受けることが重要です。 ローンの試算は複雑なものですが、金融機関のサイト上では返済シュミレーションなどの試算ができるように …

住宅ローンの借り換えをする時には

住宅ローンの借り換えは目先のことだけでなく長い目でみて行うべきです。 家を購入するために利用するものが住宅ローンです。 大抵の人は家を買うことに気をとられて、ローンの検討が後手に回ってしまうことがあり …

ローンの審査時に確認される項目

初めてローンの申し込みをする時には審査がありますが、審査の結果によっては融資が受けられないことがあります。 もしも、ローンの審査を受けて、NGの結果が出れば、融資を受けることができなくなってしまいます …

破産者でも可能な融資の方法について

新規の融資を希望する破産者に、お金を貸し付けてくれる金融会社はあるでしょうか。 自己破産の経験がある人でも、その後、何年かすれば、再びローンを組むことができるようにはなります。 融資が可能になるには信 …

TOP