スポンサーリンク

住宅ローン 教育ローン

住宅ローンの試算をする方法について

投稿日: 執筆者:tmmaster096

Pocket

ローンを組む時には、確実に全額を返せるように、事前によく考えることです。

特に住宅ローンは高額になるので必須です。

住宅ローンを事前に試算しておく場合、考えておくべきことは何でしょう。

書面作成時の手数料や、頭金、金利の性質など、住宅ローンには住宅ローンならではの特徴があります。

保証料は、住宅ローンを組む時には必ず必要になるものですから、把握しておかなければなりません。

予定どおりの返済をせずに、早め早めに返していたり、他のローンとの借りかえをすると、保証料は戻されます。

完済まで30年かける予定で借りていた住宅ローンなら、15年で返すことができた場合は、保証料が手元に戻されます。

前倒しで早く借りたお金を返したといっても、そこで保証料がまるまる払い戻してもらえるのではありません。

残高に対して保証料があるためです。

この他、住宅ローンの融資を受ける時にかかる費用は保証料の他にもたくさんあり、これらも考慮に入れる必要があります。

住宅ローンを組む時にどれだけの経費がいるのかも、結構重要なところです。

ローンの借り入れて続きをした時に、住宅ローンの時には諸経費が必要になりますが、返し終わるまでは利息がつくことは覚えておくことが必要です。

ローンの試算をする時には、金融機関ごとに違っている諸経費についても、考慮に入れておいてください。

本来の予定よりずっと前倒しで返済を完了すると、戻ってくる諸費用もありますので、よくよくチェックしておきましょう。




ローンの試算をするときは金融機関のサイトを利用する

もしも、金融会社からローンを組みたいと考えるなら、綿密に試算をしてから、融資を受けることが重要です。

ローンの試算は複雑なものですが、金融機関のサイト上では返済シュミレーションなどの試算ができるようになっています。

高額な買い物をしなければいけない時が、ライフイベントの中ではたびたびあります。

自分の貯金額だけでは支払いきれないような家や車を買いたいという場合でも、ローンを利用することで、購入資金を調達することができます。

完済まで何十年もかかることもある住宅ローンの場合、全額を返し終わるまでにどんなリスクがあるかも考慮に入れる必要があります。

何年かけて完済するか、金利や保証料はいくらのローンにするか、頭金はどうするかなど、シチュエーションを具体的に想定しながら試算をします。

最近は、金融会社にシミュレーションサイトが多く用意されていますので、具体的な試算をしたい時などに重宝します。

金融機関のサイトを開き、ローンシミュレーションを試すと簡単に、ローンの試算できるようになっているので、難しい設定を行う必要がありません。

専用のフォームに、月々の返済額と、融資希望金額と、金利を入力して試算のボタンを押せば、完済までに要する期間を知ることができます。

シミュレーションサイトの中には、これ以上借り入れ金額を増やしたい場合、それができるかわかるところもあります。

金融会社によって、設定されている金利は異なっています。

返済負担を軽減するためには、低い金利で融資を受けられるところを探すことです。

ローンを利用する際には、あらじめ試算をして完済までの見通しをつけることと、複数の金融会社を比較して、好条件で融資可能な会社を探し出すことです。




自動車ローンは十分に試算して決めるべき

自動車ローンは、大きく分けて2種類があります。

1つは自動車を購入したディーラーの提携するローン、もう1つは金融機関のローンです。

自動車の販売業を営んでいるディーラーが、直接ローンの窓口になってくれることがあります。

何となく場の流れで、ローンを組む時にディーラー任せにしてしまう人もいますが、できるば自分の目で確認した上で融資を受けたいものです。

ディーラーが勧めてくるローンは、申し込み手続きがしやすく、審査も通りやすい傾向がありますが、設定されている金利が高くなりがちなことが、懸念事項です。

見た目の金利の違いはわずかでも、完済までに必要な金額が大きく変わることもあるので気をつけましょう。

ディーラーがお勧めのローンを利用すれば、今後の車検費用や、法定点検費用を、値引きしてもらえることもあります。

以後、車検や整備の必要性が生じた時に、ディーラー指定店を使うとお安くなるという可能性もあります。

一方、金融機関の自動車ローンの中でも、期間を区切って金利を引き下げたり、借りやすくすることもあります。

人によっては、金融会社が窓口を開けている平日の日中は、仕事なり、家のことなりが優先になってしまって、なかなか金融会社に出向ず困ってしまうということがあるようです。

家から一歩も出られない状況でも、ネットキャッシングなら、好きな時に融資が受けられます。

ローンの返済負担だけでなく、将来的に車にかかる維持費用や、サービス内容も踏まえて、納得のいく自動車ローンを探しましょう。

最近は、顧客獲得のために、金融機関はいずれも独自の工夫をはかっています。どの金融機関からローンを受けるべきは、よく試算をして決めましょう。

-住宅ローン, 教育ローン
-,

執筆者:

関連記事

借り換え先の選び方

住宅ローンは、融資額の大小によりお得なローンが異なります。 例えば融資手数料は定額と定率(融資額に比例)の2種類があります。手数料が定率だと、低金利のメリットが帳消になるような多額の手数料を支払うこと …

学資を準備するために使えるローンは

学資が必要になった時に利用できるローン商品としては教育ローンと奨学金があります。 教育ローンは民間の金融機関が提供している商品で、主に親などが子供のために学資を借りるといった性質のものです。 借りた資 …

住宅ローン借り換えの審査基準は?

住宅ローン審査は収入が多い、少ないというだけではなくこの先安定して返済し続けることができるかどうかという点が重視されます。 これは借り換え審査でも同様です。   年齢・勤続年数・勤務先・自営 …

マンション購入時の住宅ローン金利について

マンションを買う時は、マンションの条件と、予算とのバランスを考えるものです。 もしも、住宅ローンを利用してマンションを買うことを検討しているら、ローンの金利次第で支払うことになる金額は全く違うものにな …

no image

住宅ローン控除という制度について

住宅を購入する時にローンを利用する人が大半ですが、住宅ローンを利用した時には、住宅ローン控除についても知っておきましょう。 払うべきところをきちんと払い、払わずに済むところは払わなくていいようにするた …

TOP