スポンサーリンク

ローンの審査 ローンの金利

ローンの借り換えとシミュレーションについて

投稿日: 執筆者:tmmaster096

Pocket

今借りているローンを、別の金融機関に借りかえる際には、シミュレーションを済ませておくことが大事です。

きちんとシミュレーションをした上で借りかえを決めなければ、後になって悔やむことにもなりかねません。

頑張って借りかえをしたのに、しないほうがむしろよかったということにもなってしまいます。

ローンの借り換えを上手にすれば、支払い総額や毎月の返済金額を少なくすることができるので、返済が楽になります。

借りかえのいいところは、返済総額を少なくすることができることです。

しかし、条件を見誤ると、逆に返済総額が多くなってしまうことがあるのです。

ローンの借り換え時には、メリットもデメリットもあるので、十分にシミュレーションをすることが重要です。

もしも借りかえのためのシミュレーションをするなら、忘れずに手数料の金額も加えるようにしましょう。

今より金利が低いローンへの借りかえができたとしても、借りかえをするために支払う手数料を加味すると、これから完済までにかかるお金が、借りかえないほうがお得なこともあります。

もしも、月毎の返済金額を少なくして、家系を圧迫せずに返済ができるようにしたとしても、それで利息がふえてしまっては損な話です。

ローンを利用している場合、完済するまでずっと同じ金融機関を利用しなければいけないわけではありません。

返済が済んでいなくても、他の金融会社への借りかえをすることができます。契約違反でも何でも無く、ローンの借り換えと呼ばれており、多くの人が利用しているものです。

ローン返済のシミュレーションで比較する方法

金融機関のローン商品を紹介しているサイトでは、シミュレーションを行えるページがつくられています。

新規でローンの申し込みをする時には、無理なく完済できるかどうかをシミュレーションをしてから、見極めるということが重要になります。

シミュレーションをする時には、まず必要になるのは、必要となる借入希望の金額です。

もしも、ボーナス月は多めに返済するつもりがあるなら、返済金額や、返済割合を個別に入力することができます。

俸給が出た月も、通常どおりの返済をするという人もいます。

希望する返済の期間の年数を入力することで、毎月の返済額や最終的な総支払額まで分かるようになっています。

これが住宅ローンの場合は、変動金利や、固定金利の違いがありますので、金利プランを選んで、シミュレーションを行うことになります。

金利タイプや、借入金額、ボーナス月にどのくらいの返済をするか、いつまでに返済を終わらせるかをシミュレーションします。

利息分まで計算した借入総額を比較検討することだできるので、どのローンにすれば良いのか比較ができます。

部分的に返済条件を変えてみることで、月々の負担額を確認することができますので、現実みのあるプランかわかります。

もしも、借りたお金を返し切る前に、金銭的な問題が発生しても、ある程度は対応できるようにしておきたいものです。

返済のシミュレーションを細かく実施することで、無理なく返済できるローンやお得に利用できるローンを見つけることができるので大変便利です。

金利の差をローンのシミュレーションで確認する

借金には利息がつくことが原則です。

借りた金額に、金利に基づく利息を足した金額を、返済するという形になります。

各キャッシング会社にごとに金利は異なっていますので、どの金融機関からお金を借りるかはとても重要な話です。

金利から利息を計算する方法は複雑てすので、金利を見ても、返済額のイメージがわく人は滅多にいません。

ローンを使用する場合には、ただ単に金利だけを見るのではなく、返済する金額の合計がどのくらいになるのか計算する必要があります。

金利差がわずかに見えたとしても、元金や、返済までの期間によって利息は変わりますので、シミュレーションをして確認しておくといいでしょう。

シミュレーションは多くの金融機関で無料で実施してくれるので、気軽に依頼することができます。

自分が返済できる範囲の借入条件とはどんなものかを知るために、シミュレーションを活用するというのもいい方法です。

ローンのシミュレーションは、返済回数、金利、元金、ボーナス月の返済金額などから計算可能です。

どんな条件で借入をしたいかを決めることで、残った条件を満たす数字を算出できるのがシミュレーションの方法です。

特別な計算を自分でする必要はなく、インターネット上で手軽に終了させる事もできます。

金融機関のホームページには大抵つくられていて、自分で数字を入力するだけでシミュレーションをすることが可能です。

返済シミュレーションが出来るサイトを活用すれば、返済総額を少なくできるお得なローンを見つける事が可能です。

-ローンの審査, ローンの金利
-,

執筆者:

関連記事

中古車購入の際にはローンの金利に注意

少なからずの人が、お値段が安いからと中古車を買う傾向があるようです。 ピカピカの新車を高いお金を出して買うより、中古車でいいから状態のいいものを安価で買いたいという考え方もあります。 中古車ローンは、 …

no image

ビジネスローンの特徴を知って賢く利用する方法

ビジネスローンの代わりに、キャッシングローンを利用するという場合もありますが、大抵は生活費のような用途にしか使えないお金といえます。 キャッシングの場合は、事業資金、他社借換、投機性資金などは除くと説 …

ローン申込み時に必要になる担保とは

担保を用意することで、高額のローンを利用するという手段があります。 金融会社からすれば、ローンで貸したお金の回収がうまくいかなった時には、担保を回収させてもらうという選択肢が保険になります。 担保は、 …

ローンの審査時に確認される項目

初めてローンの申し込みをする時には審査がありますが、審査の結果によっては融資が受けられないことがあります。 もしも、ローンの審査を受けて、NGの結果が出れば、融資を受けることができなくなってしまいます …

住宅ローンの借り換えをする時には

住宅ローンの借り換えは目先のことだけでなく長い目でみて行うべきです。 家を購入するために利用するものが住宅ローンです。 大抵の人は家を買うことに気をとられて、ローンの検討が後手に回ってしまうことがあり …

TOP