スポンサーリンク

ローンの金利 住宅ローン

ライフスタイルにあった住宅ローン選びを

投稿日: 執筆者:tmmaster096

Pocket

住宅ローンは大口の借り入れになりますし、何年もかけて返済することになるので、よく考える必要があります。

金利を単純に比較するだけでなく、金利の仕組みにも違いがありますので、どんな条件で借りるかを、じっくり検討することがとても大事です。

どういう人が、変動金利で住宅ローンを借りるといいのでしょう。こりから先、収入が増えるであろう人や、支出が減る見通しが立っている人なら、もしも月々の返済金額が多くなっても、対応することができるでしょう。

とはいえ、思いがけない出費があるかもしれないことは考えておくべきです。何かあった時に対応できるようなお金が用意できている人なら、金利が変動して返済額が増えても対応は可能なわけですから、変動金利でもいいという考え方もあります。

住宅ローンの金利では、固定金利と、変動型金利をミックスしたパターンも存在しています。

シミュレーションを実際にしてみることで、毎月どのくらいの返済金額で暮らしていけるかも調べられます。

2年、5年、10年等と期間を区切って、最初のうちだけ固定金利で返済をするという住宅ローンもあります。

固定金利で返済をしているうちは月々の返済金額が変わらないという利点がありますが、固定金利で計算する期間が終われば、その後は金利が上昇する可能性があることを考慮に入れる必要があります。

固定金利で支払う期間が終わるころ、ライフステージはどうなっているかを考えることが大事です。

安心して住宅ローンを使うためには、完済までの見通しを立てて、将来にどんな可能性があるかを考慮に含めた上で、納得のいくものを探すようにしましょう。

住宅ローン選びで重要なのは

大抵の人は、家を買う時には住宅ローンを組んで、金融機関からの融資を受けています。

家は人生の中でも特に大きな買い物になりますので、ほとんどの人が住宅ローンの融資を受けています。

住宅ローンを選ぶ際に一番きになることは、ローンの金利です。

金利というのは、借りたお金に対して利息を計算するときの基準であるため、できる限り低い方が支払いが少なくて済みます。

住宅の購入資金は金額が多く返済期間の長くなるので、金利の数値が少しの差であっても支払い総額は、大きな金額の開きが生じてきます。

住宅ローンの金利は、状況に応じて金利が見直される可能性がある変動金利と、初期から変わらない固定金利があります。

変則タイプとして、返済スタート時は固定金利だけれど、返済が進むにつれて変動金利に変わるという住宅ローンもありますので、個々の特性を知っておきましょう。

住宅ローン選びの時には、金利をどうするかはとても重要な部分ですので、ケース毎の問題点や、利点について把握しておきましょう。

最終的に同じ額を返済するという見方をすると、当然のことながら住宅ローンの金利が低いほうが価格の高い住宅を購入できるということになります。

多くの金利が低い住宅ローンの場合には、金利変動型か固定期間選択型であり、固定金利の期間が経過した後は、金利が上昇するようになっています。

全期間固定型の金利の場合は、金利は変動型よりも高くなっていますが、いったん借り入れてしまえば金利があがることはまずありません。

ただ金利の数字を比較するだけでなく、変動か固定かを考えることも、住宅ローン選びではポイントになります。

住宅ローンの返済方法の選び方

住宅ローンの返済には、大きく分けると元利均等返済と、元金均等返済があります。

両者がどう異なるのかを把握している人は多くないようです。

住宅ローンを決めることも重要ですが、家を買う時には、メーカー選びや、立地選び、間取りプランの確定など、決めなければいけないことがいくつもあります。

元利均等返済とか元金均等返済とか聞くだけでも難しく感じられるので、できれば遠慮したいところです。

返済の時点になって困ったことにならないように、住宅ローンを選択する時にはよく調べることが重要です。

元利均等返済では、元金と利息の合計額が同じになるように計算されているため、毎回の返済額が均等に設定されていています。

文字通り元金が均等になっていて、金利が変わらなければ毎回の返済額は一定となるわけです。

一見すると、毎月同じ金額をずっと返し続けていくことで完済できるというわかりやすい住宅ローンの返済方法なりますが、その実、利息と元金の割合が少しずつ変わっていきます。

当時は、元金に対する利息の比率が高めですが、徐々に利息の占める割合が少なくなり、元金返済分が大きくなります。

元金均等返済の場合には、返済する住宅ローンのうち元金部分が均等になっています。

元金がどのくらい残っているかで利息も変動しますので、元金の返済が進み、残高が少なくなれば、利息も結果的に少なくはなっていきます。

よって元金均等返済のケースでは、住宅ローンの返済を初めた頃は金額が多く、将来的には返済額が徐々に減っていくことになります。

元利均等返済と比較すると、住宅ローン開始の頃は支払額の負担は重いのですが、元金部分の減りが早いために、後々の返済は楽になるというメリットがあります。

-ローンの金利, 住宅ローン
-,

執筆者:

関連記事

中古車購入の際にはローンの金利に注意

少なからずの人が、お値段が安いからと中古車を買う傾向があるようです。 ピカピカの新車を高いお金を出して買うより、中古車でいいから状態のいいものを安価で買いたいという考え方もあります。 中古車ローンは、 …

銀行のビジネスローンを利用する時

もしも、事業資金として数千万円を必要としている場合は、銀行から無担保のビジネスローンを使うといいでしょう。 ただし、ビジネスローンを申し込みたいと思った場合には、やっておいたほうがいいことがあります。 …

no image

マンションの住宅ローンの借り換えのメリット

マンションを購入する場合に住宅ローンを利用する人は多いのですが、返済途中で借り換えをするケースもよく見られます。 返済が途中の段階でも、住宅ローンの借り換えをすることが、結果的に返済総額を減らせるとい …

金利の差をローンのシュミレーションで確認する

借金には利息がつくことが原則です。 借りた金額に、金利に基づく利息を足した金額を、返済するという形になります。 各キャッシング会社にごとに金利は異なっていますので、どの金融機関からお金を借りるかはとて …

no image

ローンの申込みは返済シュミレーションをしてから

もしもローンの借り入れを行うなら、完済が可能か事前に見通しを立てておくことが重要になります。 ローンを取り扱っている会社のWEBサイトでは無料でシュミレーションが行えるので誰でも利用できます。 お金を …

TOP