スポンサーリンク

ローンの審査

自己破産をしていても融資の審査は通るのか

投稿日: 執筆者:tmmaster096

Pocket

過去に自己破産を行た人が融資を受けることができるのかという疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。

今まで自己破産をしたことがある人の中には、新しくローンを組みたいけれども、自分には無理だろうと諦観している人もいます。

けれども、昔、自己破産の経験はあるけれども、新規の融資を利用できているという人は少なくありません。

融資を希望する時に、自己破産をしていた人でも、ある一定の条件によって、お金が借りられます。

まず最初に自分自身の信用情報について、調べることが必要になってきます。

最後に自己破産をしてから5年以上が経過しているかどうかを知ることで、新規の融資が可能になるか知ることができます。

5年というのは自己破産の記載が消えているのかどうかということを意味してきます。

一般的に考えて、信用情報会社に過去の自己破産履歴が記録されているうちは、新しい融資でも審査が厳しくなりがちです。

自己破産をした時に借りていた金融着会社には、年数とは関係なく新規融資は不可能です。

できるだけ審査をクリアする可能性を上げたいならば、これまで利用したことがないところから借りるようにしましょう。

ブラックとして登録されている5年間が過ぎて、信用情報が回復した状態であれば、破産時に対象となっていた金融業者を外して、融資先を探すとよいでしょう。

キャッシング会社は、自己破産してから5年の間は信用情報が回復していないとして新規の融資を行いませんが、5年たって問題が発生していないなら、ローンを新しく組むことなどは問題なく実行できます。





自己破産をした後に金融機関で融資を受けられる可能性

自己破産をしてしまった人は金融機関で融資を受けることは可能なのでしょうか。

借りていたお金を返すことが出来ずに自己破産をしてしまった人でも、お金を借りなければならないケースがあると思います。

金融機関から融資をしてもらうことが可能なのかどうか、気になるところです。

自己破産をしたことがある人でもキャッシングは利用できることがありますが、前提条件があります。

自己破産した後の5年間は、ブラック登録されているので、その間の借入れはかなり難しいと考えなければなりません。

銀行は、自己破産をしてから10年以内は新規の融資をしないようにしていますので、基準が厳しめです。

銀行との取引が可能になるのは、免責が下りてから10年経って後のこととなります。

それから5年または10年が経過しても、自己破産の対象となった金融機関は、いわゆる社内ブラックとなっている可能性があるため、審査に通りにくくなっている可能性が高いです。

たとえ10年以上経過していたとしても、融資をしてもらえないこともあります。

今まで使ったことがない金融機関に、融資の申込みをするようにしましょう。

収入がなければブラックの記録が消えていたとしても、融資は不可能ですので気をつけましょう。

金融機関によっては、自己破産したことよりも他の要素のほうを重視することがありますので、新規の貸し付けが可能なところも十分あります。




自己破産後に融資を受ける方法について

信用情報には、自己破産をしたことがある人に対しては、事故情報として記録されます。

事故情報が記録されていると、新しくキャッシングやローンを利用するときに審査を受けると、事故情報がある顧客として審査では不利になります。

その為、自己破産をしてしまうと、新たに借入がしにくい状態になってしまいます。

自己破産をした時が5年以上前なら、信用情報会社に記録されていた自己破産情報も消されているだけの話といえます。

自分で資料を取り寄せて、信用情報機関の記録の中で、事故情報らしきものが見つからなかったなら、もう安心です。

事故情報が消えていれば、その事が原因で審査落ちをするという事はなくなる為、お金を借りられるようになります。

キャッシング会社にお金を借りたいけれど、自己破産をした経験がある人は、それから5年、大人しくしている必要があります。

自己破産をしたことはあるけど、融資をしてくれる金融会社を、時々目にします。

どうしてもお金が必要な時、そうした金融業者は魅力的に感じてしまう事になりますが、問題があっても融資をしてくれる業者の殆どは闇金です。

ヤミ金融は、審査の基準が低く設定されているところが多く、簡単に融資をしてますが、強引な取り立てや、高い金利など、法律に触れることをしてくる可能性があります。

昔、自己破産をした経験があるけれども、新しくお金を借り入れたいという人は、自己破産から経過した年数を数えてみましょう。

5年が経過して、信用情報機関に登録されている自己破産した情報が無くなった後に、安心して利用できる金融業者に申込みする事がおすすめです。

-ローンの審査
-, ,

執筆者:

関連記事

ローン申込み時に必要になる担保とは

担保を用意することで、高額のローンを利用するという手段があります。 金融会社からすれば、ローンで貸したお金の回収がうまくいかなった時には、担保を回収させてもらうという選択肢が保険になります。 担保は、 …

住宅ローンの借り換えをする時には

住宅ローンの借り換えは目先のことだけでなく長い目でみて行うべきです。 家を購入するために利用するものが住宅ローンです。 大抵の人は家を買うことに気をとられて、ローンの検討が後手に回ってしまうことがあり …

おまとめローンは低金利だから利用価値あり

銀行や消費者金融などのローン商品の中には、おまとめローンという名称の商品があります。 おまとめローンは、融資限度額を他のローンと比べてみると、比較的大きい枠に設定されています。 金利が低いことも、おま …

超低金利時代におけるローンの借り換え

超低金利時代が続く中において、賢い資産運用方法とは何でしょうか。 返済中のローンがある人は、内容を再度チェックしてみて、低金利の中でできることはないかを確認しましょう。 多くの人は、ローンを借りるまで …

住宅ローン借り換えの審査基準は?

住宅ローン審査は収入が多い、少ないというだけではなくこの先安定して返済し続けることができるかどうかという点が重視されます。 これは借り換え審査でも同様です。   年齢・勤続年数・勤務先・自営 …

TOP