スポンサーリンク

ローンの審査 ローンの金利

超低金利時代におけるローンの借り換え

投稿日: 執筆者:tmmaster096

Pocket

超低金利時代が続く中において、賢い資産運用方法とは何でしょうか。

返済中のローンがある人は、内容を再度チェックしてみて、低金利の中でできることはないかを確認しましょう。

多くの人は、ローンを借りるまでは情報を集めたり、よりよいローンを探したりしますが、一度決めると後は放置というケースになりがちです。

国内の金利は、低いことには変わりないですが、定期的に金利は推移していっているものです。

ローンを借りたら、以後はずっとそのままで返済を続けているという人もいますが、それではせっかくの好機を逃すこともあります。

随分と前から利用しているローンであるならば、今ではその金利負担が軽くなっている可能性も十分にあり得ます。

金利が高い時のローンは、より低金利のローンに借り換えすることによって、利息が少なくなり、返済の負担も軽くなります。

資産と金利の関係というと、所有している財産をどう株や投資に振り分けるかという話になりますが、ローンも検討の対象になります。

借りたローンの返済残高が残っているという場合は、今より低金利のローンを探して借りかえをすることで、完済に必要なお金を減額できることもあります。

始めからローンを組むときに変動金利を選択しているので、金利の見直しがされても、ローンの金利も下がっているだろうと思っている人もいます。

それでも、より低金利の変動金利制ローンが登場していて、ローンの借りかえをしたほうが、返済が楽になるということもありえます。

超低金利の時代にあっては、僅かな金利収入を稼ぐのも簡単なことではなくなりますから、ローンの金利負担を軽減する意味は大きいと言えます。

 

ローン商品の低金利を比較するときの注意点

ローンの貸付条件は、各金融会社によって違いますが、できれば低金利のローンを使ったほうが、返済が楽になります。

多くの人が、低金利でローンを組んで返済金を安く抑えたいと思っており、金融会社ごとの金利をチェックしています。

低金利であればあるほど、利息を安くすることができて、完済までに必要な金額は少なくすることができます。

多くの人が、低金利であるかをまず確認した上で、金融会社のキャッシング条件を見極めているようです。

低金利のローンを比較検討する場合には、いくつか注意すべき点があり、金利の実質年率については必ず確認しておきましょう。

どのローンでも実質年率が書かれていますが、最高金利と、最低金利との間の差が、結構大きくなっていることがあります。

説明書きを見ただけでは、自分はどのくらいの金利で借り入れ可能なのかはっきりしないことがあります。

ローンの金利を確認する時に、下限金利と上限金利の間に幅がありすぎると、どのあたりに目処をつけるべきか迷ってしまいます。

大まかな目安としては、借りる金額が小額の場合は金利の高いほうを、借りる金額が小さい場合は金利の低いほうを見ます。

これから借りる金額が大きい人は、金利幅の中でも下限に注目すればよく、少ししか借りないという人はその逆ということになります。

複数のローン商品の金利を比べる際には、この注意点はしっかりと抑えておくようにしましょう。

借りた金額に対して、返す金額をできるだけ少なくしたいという時には、低金利のローンを扱っている金融会社を探すことが重要です。

 

審査に通るなら低金利のローンがよい

ローンを組むために金融会社を選ぶ場合、審査の通りやすさや、貸し付け上限金額も大事ですが、低金利であることも重視したいものです。

大口の融資を希望すればするほどに、低金利であることは重要な意味を持ってきますので、ないがしろにすることはできません。

金利の違いが1%しかなくても、利息の違いはかなりのものになることは把握しておく必要があります。

考えてみれば、各金融機関は金利によって売り上げをあげているのですから、重要度は大きくなります。

金利を設定し、貸したお金に利息を上乗せして返済をしてもらうことで、各金融機関は自社を維持し、経営を成り立たせているわけです。

会社の営業利益という視点で考えれば、利息を取ることの大事さがイメージできるものです。

日本経済が現在どのように推移しているかは、金利の変動によっても、かなりの影響があると言われています。

そのため、政府は状況に応じて金利を上げたり下げたりして、景気を好転させようとしています。

ローンを低金利で貸し付けている金融機関は、審査のハードルを高めに設定しているものです。

できるだけ低金利でローンを利用したいと思っても、金利の低いローンは審査が厳しく、申込み手続き事態も難しくなります。

今のままのローンの返済を続けるよりも、別の低金利のローンに乗り換えたほうが、最終的には返済に必要なお金が少なくなるケースも存在しています。

返済中のローンが複数あるという人は、より低金利の一本のローンに借りかえることで、返済がしやすくなり、返済状況の把握も楽になるでしょう。

 

-ローンの審査, ローンの金利
-,

執筆者:

関連記事

中古車購入の際にはローンの金利に注意

少なからずの人が、お値段が安いからと中古車を買う傾向があるようです。 ピカピカの新車を高いお金を出して買うより、中古車でいいから状態のいいものを安価で買いたいという考え方もあります。 中古車ローンは、 …

ローン申込み時に必要になる担保とは

担保を用意することで、高額のローンを利用するという手段があります。 金融会社からすれば、ローンで貸したお金の回収がうまくいかなった時には、担保を回収させてもらうという選択肢が保険になります。 担保は、 …

no image

ローンを利用する時には金利を確認する

ローンの金利を調べるには、商品概要の実質年率を見れば分かります。自分がどのくらいの金利のローンを利用しているのか、把握することは大変重要です。 金融会社のローンの条件を確認すると、4.5%~17.5% …

住宅ローンの借り換えをする時には

住宅ローンの借り換えは目先のことだけでなく長い目でみて行うべきです。 家を購入するために利用するものが住宅ローンです。 大抵の人は家を買うことに気をとられて、ローンの検討が後手に回ってしまうことがあり …

学費の支払いに利用できるローンについて

学生の中には、学費を捻出するために、銀行のカードローンの申込みをする人もいます。 学生にとって、学費は生命線ともいえる重要なものです。 足りない場合は、ローンの活用などが必要になります。 銀行の中には …

TOP