スポンサーリンク

自動車・バイクローン

自動車の購入時に現金支払いとローン支払いの違い

投稿日: 執筆者:tmmaster096

Pocket

自家用車を買う際には、ローンを利用したほうが都合がいいか判断に困ることがあります。

日常生活において必需品となっているのが自動車であり、ほとんどの人が所有するようになっています。

目的地までの移動に車は重要な役割を担っており、通勤に車を使っているという人にとっては職場に行くための重要な存在です。

働くためにも、日常生活を営むためにも、車はとても重要な役割を果たしていますが、車は高い買い物になりますので、まとまったお金がいります。

車を買うお金を捻出することが難しいので、買い換え時の車でも無理して乗り続けていたり、買いたいと思える車があってもぐっと我慢をせざるをえないということも珍しくありません。

車は高い買い物になりますので、思い切った決断をしないと買うことができません。

新しく車を買う時は、現金でまとめて支払う人と、マイカーローンを組むという人とがいます。

ローンを否定的に捉える人は、他人からの借金にいい印象を持っておらず、お金を借りること全般を避けるべきことと考える傾向があります。

しかし、自動車を購入する際には、現金による支払いよりも、ローン支払いの方がよりお得になる事もあります。

ローンを組んで車を買う時のメリットは、自動車の販売会社が値引き対応してくれやすいことです。

現金で支払う時よりも、交渉の結果、値引率がよくなることがあります。

自動車のディーラー側からすると、一括で支払いをされると利益率が低くなるために、値引きをする余地がなくなってしまうという事情があります。

自動車ローンを利用すると、金利が支払い総額に上乗せされますので、それを見込んで割引率を高く設定することが可能になります。

ローンの返済時に利息がつくことを加味して、車の値引き交渉を行うために、より安く車を購入することができるようになります。



ローンを利用した車の購入は簡単で便利

車のローンは比較的誰でも簡単に契約ができて便利なものとなっているので、多くの人が利用しています。

自動車を初めて購入する人で最初から現金で一括購入できるという人はそうはいないと思われます。

日頃の買い物と比べると、車の価格は格段に高くなります。

そのため、一括で支払わずに、自動車ローンを組む方法が、支払いの負担を軽減します。

車を販売しているディーラーの中には、スムーズにローンを組めるように、子会社に金融会社があるところもあります。

車を売り込む時に、同時に子会社の自動車ローンも売り込むことで、車を購入しやすくしてくるディーラーも存在します。

ローンの条件は色々なものがありますが、自動車ローンについては、残価設置型ローンというものがあります。

残価とは一定の期間経過後にその車を売るときにこのくらいの値段で売れそうというのを決めておいた上で、ローンもその一定期間までに残価を除いた金額を支払い続けるというものです。

残価設定型のローンを用いれば、ローンの金利は車の購入代金の全額に対して設定されることは無いので、利息が安くなるメリットがあります。

ローンを組む時に、あらかじめ残価分は引かれていますので、それだけ利息は抑えられますし、返済もスムーズにできるようになります。

ローンの支払いが終わり、残価を設定した期間になったら、車を売って残価を支払うか、もしくは残価分のお金を支払うかを選択します。

自動車ローンを残価設定型で借りた場合、車を手放す時になって、評価額が見積もっていた残価に達しない場合は、差分を支払わなければいけなくなります。

そういった不確定要素も含めて、どのようにローンを組むか考える必要があります。

どんなローンを組めば、自動車の購入をスムーズに行うことができるのかは、個々人の状況によっても異なってきますので、よく考えることが大事です。



車の購入時に利用できるローンを取り扱っている金融機関について

車のローンを契約する場合は、銀行だけでなく他の金融機関にも問合せしてみることが大切です。

車を買うにはまとまったお金が必要なので、貯金から支払うのではなく、ローンを使う人は多いようです。

大抵の人は、銀行が取り扱っているカーローンを利用して、購入資金を調達しているようです。

車を買うためにローンを借りるなら、金利が低く大口融資が受けられる銀行が便利ですが、ノンバンクからも借りられます。

自動車の販売会社の中には、特定の金融会社のカーローンと提携しているケースもあります。

自動車を買う時に、ローンの手続きもその場で行ってしまい、必要な事務処理をその場で終えられるという販売店もあります。

販売店でのローンを利用すれば、簡単に手続きができるので、車を購入する際には問い合わせてみると良いでしょう。

最近は、低い金利で市場の動向が推移していますので、銀行以外のローンを借りることも選択肢に入れることができます。

最近は、様々な金融会社が車のローンに対応していますので、色々調べてみて、借りやすいところを探してみる価値はあります。

金融会社数社の貸付条件を確認することで、どのくらいの条件で探せばいいかも把握できます。ローン選びでは、低金利のところを探すようにしましょう。

返済総額を少なく抑えるには、金利が低いことが重要です。

複数の金融会社のローンの内容を調べて、自分がどういった条件のローンを選ぶべきかの見当をつけることが、車のローン選びでは重要になります。

-自動車・バイクローン
-

執筆者:

関連記事

中古車購入の際にはローンの金利に注意

少なからずの人が、お値段が安いからと中古車を買う傾向があるようです。 ピカピカの新車を高いお金を出して買うより、中古車でいいから状態のいいものを安価で買いたいという考え方もあります。 中古車ローンは、 …

no image

自動車ローンの比較について

自動車を買う時にローンを組むつもりなら、購入を決める前に自動車ローンについての下調べを済ませておく必要があります。 自動車は購入金額が高いものなので、少しの金利の差でも、支払い総額は大きく変わってくる …

中古車をローンで購入するときの頭金について

中古車をローンで購入するとき、頭金がいくら必要なのかは、さまざまな事情によって変化します。 普通は、希望する借入金額に対して2割~3割の頭金があれば、お金を借りることが可能になると言われています。 ロ …

自動車ローンは十分に試算して決めるべき

自動車ローンは、大きく分けて2種類があります。 1つは自動車を購入したディーラーの提携するローン、もう1つは金融機関のローンです。 自動車の販売業を営んでいるディーラーが、直接ローンの窓口になってくれ …

no image

バイクローンを申し込む前に金利を計算する

ローンを組んで、憧れのバイクを買いたいと構想を膨らませている人は、少なくないようです。 現金一括で買うこともできますが、もしも予算に余裕がない場合にはローンを利用すればバイクを購入できます。 自分に合 …

TOP