スポンサーリンク

ローンの審査 ローンの金利

学費の支払いに利用できるローンについて

投稿日:2017年8月1日 更新日:

Pocket

学生の中には、学費を捻出するために、銀行のカードローンの申込みをする人もいます。

学生にとって、学費は生命線ともいえる重要なものです。

足りない場合は、ローンの活用などが必要になります。

銀行の中には学生が融資を受けることができるサービスを提供しているところがあるので、学費の支払いに利用できます。

学生OKなローンでも、成人していることという条件がついていますので、19歳以下の学生はローンを使うことはできません。

前提として、金融会社は未成年にはお金を貸しません。

それは学生であっても同じことがいえます。

学生がカードローンを利用するときには、一定の収入があったほうが審査が通りやすくなります。もしも学生がローンの申込みをするなら、アルバイト等をして収入を確保しておくことです。

最近は、様々な銀行や、金融機関が学生への融資をしていますが、限度額や金利は、貸し付ける金融会社ごとに多種多様です。

金融機関によっては、利用限度額が設定されていることも考えられます。新しく借り入れの申込みをする場合、運転免許証や、パスポートなど、本人の身元を証明するための書類がなければできません。

金融会社によっては、申込みを受け付けて審査の結果を出し、指定された口座にお金を振り込むまで1日かからないこともあります。学費の支払いに困っているときには、学生向けのカードローンを活用してみると良いでしょう。


学費の支払いにカードローンを利用する方法

学費が足りない時は、金融会社のカードローンを利用するという手段があります。

家庭の事情などで学費を支払うことが出来ずに、奨学金の制度を利用している人は少なくありません。

色々な奨学金のシステムがありますが、基本的には奨学金として借りたお金は、就職後に返すというやり方が基本です。

学費のために奨学金の制度を使ったものの、仕事を始めた当初は給料も少ないので、返済が難しくなることも考えられます。

学費のために奨学金を利用して、返済ができないときには、カードローンを使う方法もあります。

月々の奨学金返済が思うようにいかないという人は、カードローンを利用してお金を借りて、返済に回すというやり方ができます。

奨学金として借り入れ可能な金額には限度がありますので、支払うべき学費が不足しているということもあります。

社会人はもちろんのこと、学生であっても借り入れができるカードローンを取り扱っている消費者金融も存在しています。

最近は、ローンの手続き自体も簡略化されている傾向がありますし、手続きがとてもスピーディになってきています。そのために急いで資金が必要なときであっても対応してもらうことが可能となっています。

多くの消費者金融では年齢条件が設定されていて、満20歳以上でなければ融資を受けられないので、注意が必要です。

つまり、学生であろうが、働いていようが、消費者金融会社から融資を受けるための条件は、成人していることと、安定した収入があることなのです。

学費の支払いに利用できるローンの金利について

学費のために借入れできるローンを取り扱っている金融機関はいつくかありますが、どのようにして選べば良いのでしょうか。

複数のローンを比較検討する際に金利は気になるものですが、金利だけでなくほかの条件についても調べておく必要があります。

可能な限り低金利のローンを利用したいという理由から、インターネットの比較サイトでローンの貸付条件を比べている人もたくさんいます。

子ども1人を育てるために必要なお金は多くなっており、生まれたらすぐに学費を貯め始めたという家庭も少なくありません。

しかし、用意しておいた教育資金では足りない場合もあります。

学ぶための費用が予想を超えることは、常にあります。私立進学や、県外進学など、様々な事態が起こりえるためです。

想定外の事態になり、どうしても教育ローンなどでお金を借りて学費を用意せざるをえないことがあります。

どの教育ローンにするべきか考えるときに、ローンの表面上の金利さえ低ければよいというものではありません。

手元の資金に余裕ができて、前倒してまとめ返済をしようと思った時に、予想外に高い手数料が発生するということもありえます。

普通に借りれば金利は高めでも、住宅ローンと併用したり、その銀行に給与口座があれば金利が下がることもあります。

学費を用意するために教育ローンを借りる場合には、金利だけでなく他の条件についてもチェックして、トータル的に判断することが大切です。ローンが利用できる金融会社はたくさんありますので、貸付条件を確認したり、完済までの見落としを立ててみて、ここぞというところを選びましょう。

-ローンの審査, ローンの金利
-

執筆者:

関連記事

no image

ローンを利用する時には金利を確認する

ローンの金利を調べるには、商品概要の実質年率を見れば分かります。自分がどのくらいの金利のローンを利用しているのか、把握することは大変重要です。 金融会社のローンの条件を確認すると、4.5%~17.5% …

住宅ローンの借り換えをする時には

住宅ローンの借り換えは目先のことだけでなく長い目でみて行うべきです。 家を購入するために利用するものが住宅ローンです。 大抵の人は家を買うことに気をとられて、ローンの検討が後手に回ってしまうことがあり …

ローンの試算をするときは金融機関のサイトを利用する

もしも、金融会社からローンを組みたいと考えるなら、綿密に試算をしてから、融資を受けることが重要です。 ローンの試算は複雑なものですが、金融機関のサイト上では返済シュミレーションなどの試算ができるように …

自動車ローンは十分に試算して決めるべき

自動車ローンは、大きく分けて2種類があります。 1つは自動車を購入したディーラーの提携するローン、もう1つは金融機関のローンです。 自動車の販売業を営んでいるディーラーが、直接ローンの窓口になってくれ …

no image

ローンの返済は繰上げした方がお得

ローンの返済予定よりも期日を繰上げしてお金を返すことで、総支払額を減らすことが可能になります。 返済日より早く返済ができればできるほど、利息は少額で済ませられます。ローンの利息は返済残額に対して計算さ …

TOP