スポンサーリンク

ローンの審査 住宅ローン

住宅ローンの借り換えをする時には

投稿日: 執筆者:tmmaster096

Pocket

住宅ローンの借り換えは目先のことだけでなく長い目でみて行うべきです。

家を購入するために利用するものが住宅ローンです。

大抵の人は家を買うことに気をとられて、ローンの検討が後手に回ってしまうことがあります。

家を建てることには熱心なのに、住宅ローンは借りられればどこでも構わないと思っていて、業者お勧めの金融会社に決めてしまう方もいます。

場合によっては、これから住宅ローンの借り換えをすることで、ろくに考えず選んでしまった住宅ローンがお得に返せるかもしれません。

住宅ローンは、他の目的型ローンより借入金額は大きくなりますし、完済までの期間は長くなりますので、利息だけでも大きなお金になります。

借り換えをすると、どのくらいの得になるかはシミュレーションをしてみればわかります。

借入金が大きい住宅ローンは、影響も大きくなりのす。

家計の支出でも大きな割合をしめる住宅ローンの見直しをすることによって、家計のやりくりが楽になる可能性が十分にあります。

本当に借り換えをするかは後回しにして、手始めに現在の住宅ローンを借り換えると返済負担はどうなってかいるかを銀行などで確認できます。

住宅ローンの借り換えは、その手続き自体にお金がかかりますので、慎重に行わなければなりません。

いくつかの金融機関を同時に調べることで、作業効率を高めることができます。

借り換えにかかる手数料は、金融会社によって異なっています。

繰り上げ返済をする時や、借りかえをする時に、どのくらいの費用がかかるかも、住宅ローンの繰り替え時は大変です。

金利がどんどん低くなっている昨今では、ある程度返済が進んでいる人ならわざわざ借り換えをしないほうが、利息が安く済んだりします。

住宅ローンの借り換えのメリットについて

借り換えによって、低金利の住宅ローンに切りかえることができれば、返済がしやすくなります。

現在利用している住宅ローンより、金利が低い住宅ローンに借り換えれば、返済総額がより低くなります。

返済がまだそれほど進んでいない人ほど、住宅ローンの借り換えをすれば返済がより楽になります。

ただローンを借り換えるといっても十分なメリットがあり、お得になるように借り替えなければ意味がありません。

どのような条件を満たせば、借り換えで得をすることができるのかが重要なポイントです。

あといくらの返済をすれば全額返済が終わるのか、借り換えた場合と、そうでない場合を、個々に算出します。

まとまったお金を借りている住宅ローンの場合、1%の金利の違いが数十万円の利息の違いにつながることがあります。

返済をスタートさせて間がないうちは借り換えがいい結果につながりますが、状況によっては何とも言えないことがあります。

金利によって変動する利息の幅は、返済残高がたくさん残っているかどうかで左右されますので、しっかり計算する必要があります。

もうひとつ確認しておくべき点は、住宅ローンの返済期間がどのくらい残っているかです。

あと何年で住宅ローンを返せるかは、残りの利息額を左右します。

残り返済期間が長い人ほど、借り換えで返済額の節約が可能です。

まとまったお金を借りることになる住宅ローンは、借り換えによる影響も大きくなります。

諸条件の検討や、借り換えに伴う諸手続など、手間のかかることもありますが、返済額を減らせることは魅力的です。

-ローンの審査, 住宅ローン
-, ,

執筆者:

関連記事

住宅ローンの試算をする方法について

ローンを組む時には、確実に全額を返せるように、事前によく考えることです。 特に住宅ローンは高額になるので必須です。 住宅ローンを事前に試算しておく場合、考えておくべきことは何でしょう。 書面作成時の手 …

住宅ローンの返済方法の選び方

住宅ローンの返済には、大きく分けると元利均等返済と、元金均等返済があります。 両者がどう異なるのかを把握している人は多くないようです。 住宅ローンを決めることも重要ですが、家を買う時には、メーカー選び …

ライフスタイルにあった住宅ローン選びを

住宅ローンは大口の借り入れになりますし、何年もかけて返済することになるので、よく考える必要があります。金利を単純に比較するだけでなく、金利の仕組みにも違いがありますので、どんな条件で借りるかを、じっく …

住宅ローン選びで重要なのは

大抵の人は、家を買う時には住宅ローンを組んで、金融機関からの融資を受けています。 家は人生の中でも特に大きな買い物になりますので、ほとんどの人が住宅ローンの融資を受けています。 住宅ローンを選ぶ際に一 …

住宅ローンを比較してお得に借りよう

住宅ローンを始め、様々なローンが金融会社によって取り扱われており、大口の融資を必要としている人が使います。 どの金融会社が、どんな融資条件でお金を貸しているかや、返済をしてもらっているかは、とても大事 …

TOP