ローンの審査

破産者でも可能な融資の方法について

投稿日:2017年7月27日 更新日:

新規の融資を希望する破産者に、お金を貸し付けてくれる金融会社はあるでしょうか。

自己破産の経験がある人でも、その後、何年かすれば、再びローンを組むことができるようにはなります。

融資が可能になるには信用情報機関に保有されている自己破産の記録が消えるのを待たなければなりません。

自己破産をした人が、金融機関から融資を受けて資金を運用していく場合には、そう簡単なことではありません。

5年を一定の区切りとして、信用情報会社には破産者の情報が残っているため、それまでは大人しくしていましょう。

自己破産後は、5年以上が経過していなければ、借入れは難しいと判断せざるを得ません。

信用情報会社に破産者として名前が残っている人なら、基本的には融資を断られしまうことは覚悟しておきましょう。

破産者でも、条件次第で融資をしてくれるような会社もありますので、まずは広く情報をキャッチするところから始めましょう。

一般的な金融機関では融資を受けることは出来ず、仮に融資してくれるとしても、闇金融である可能性が高いでしょう。

闇金融は法廷外の金利で貸し出しをしているので、安易に利用しては大きな損をしてしまいます。

金融機関から大口の融資を受けることになったら、済期限の妥当性などをよく見極めることです。

自己破産をした人の場合は融資の条件が悪くなるので、信用情報機関の登録が無くなるのを待つのが賢明と言えます。

破産者が融資を受けることは出来るのか

どの金融機関からなら融資を受けられるかが、破産者がお金を借りる時には大事です。

自己破産すると個人信用情報機関に記録が残されています。

融資などを受けるときにはこの情報を参照して、返済能力に問題がないか確認が行われています。

一般的に、金融会社は自己破産の経験がある人は返済能力が低いと判断し、融資を断ってきます。

自己破産の記録は永久に残るものでは無いため、5~10年間経過すれば削除されるようになっています。

信用情報機関に残されている記録が無くなれば、破産者でも融資を受けられる可能性が出てきます。

とはいえ、破産者の情報が信用情報会社にまだ残ってはいるけれども、何らかの事情があってすぐにお金を借りたいという人もいます。

そのような場合には、全く融資を受けられないということはないようです。

銀行や大手の消費者金融は個人信用情報機関の情報を重視しているので、融資を受けることはできません。

破産者でも融資をしてくれる金融機関を探すなら、中小規模の消費者金融会社が狙い目となります。

中小の場合はあまり宣伝をしていないため、口コミでどこであれば利用できるのか調べることができます。

破産者を対象に融資をしている悪徳業者も実際に存在しているので、騙されないように安全な業者であるか十分な確認をするようにしましょう。

破産者が起業した時には融資を受けられるのか

自己破産は、キャッシンク会社から借りたお金が何らかの事情で返済できなくなった時に行う手続きのことです。

そして自己破産手続きを行うと、ブラックリストに名前が載ってしまうのは避けられません。

ブラックリストに名前が載っている期間は、金融機関から融資を受けることが出来ません。

ブラックリストに名前があるうちは、クレジットカードの発行や、カードローンの利用なども、無理になってしまいます。

しかし、そんな自己破産者もブラックリストに情報があるという状態が永遠に続くわけはありません。

破産者であるという記録がなくなるまで、何の問題も起こさずに済むことができれば、その後は普通にローンが使えます。

一旦は破産者になっても、以後数年間はキャッシング関係の問題を悪化させなければ、チャンスは十分にあるわけです。

それゆえ破産経験者でも、完全に再起すれば起業して、金融機関から再び融資を受けられる可能性はあると言えるでしょう。

ただし融資を受けられる可能性があるというだけで、必ず審査に通るわけではありません。

信用情報機関の情報が消えたとしても、かつて返済不能になったことがある金融機関の審査は、通らない見込みが高いようです。

ですから本気で融資を受けたいのなら、初めて利用する金融機関を新たに探した上で、融資の申請すべきです。

今まで借り入れをしたことがない金融機関を選択して融資を受けることで、破産者でもお金が借りられる可能性が上がります。

Pocket

-ローンの審査
-, , ,

執筆者:

関連記事

ローンの借り換えとシュミレーションについて

今借りているローンを、別の金融機関に借りかえる際には、シュミレーションを済ませておくことが大事です。 きちんとシュミレーションをした上で借りかえを決めなければ、後になって悔やむことにもなりかねません。 …

無担保でローンを組んでお金を借りられるのか

金融後進国日本において無担保でローンを組むことができるのでしょうか。 最近は、案外と大勢の人が金融機関から融資を受けてて、毎月の返済をせっせと行っているとされています。 一切の融資を受けずに日常生活を …

フリーローンのメリットとデメリットについて

納得のいくフリーローンの使い方をするには、フリーローンの魅力だけでなく、フリーローンを使うリスクに関しても知っておきましょう。 カードローンはフリーローンの一種と言えますが相違点があります。 利用限度 …

住宅ローンの借り換えをする時には

住宅ローンの借り換えは目先のことだけでなく長い目でみて行うべきです。 家を購入するために利用するものが住宅ローンです。 大抵の人は家を買うことに気をとられて、ローンの検討が後手に回ってしまうことがあり …

ローンの審査で最も重要視されるのは年収

新しくローンの借り入れを希望する場合は誰でも、金融会社が行っている審査をクリアしなければなりません。 金融会社ごとに、どんな審査をしているかは違いますが、重視されている項目には、その人の年収があります …

TOP