スポンサーリンク

住宅ローン

住宅ローンの借り換えで確認するポイント

投稿日:2016年9月11日 更新日:

Pocket

住宅ローンの借り換えにかかる手数料とは

 

住宅ローンの借り換えをする時に、案外とおろそかにできないものが手数料です。

手数料が、借り換えの得を相殺する可能性すらあります。

借り換え時にかかる諸費用は金融機関によって差があるので、申し込みをする前にしっかり確認することが大切です。

金利の低さだけで借り換え先を決めたとしても、借り換えの経費が高くつけば、結局はお得にならないことがあります。

住宅ローンの借り換え時に発生する諸経費とは、保証料や、事務手数料で、これは借入とは別に発生します。

特に、都市銀行や、メガバンクは保証料がかなりの金額になりますので、確認しておかなければ後々大変なことになります。

ネット銀行では、保証料がゼロになっているところが多い傾向があります。ただし、ネット銀行は事務手数料が多めに加算されていますので、借り換え時の手数料が安くなるとは一概には言えません。

ネット銀行では保証料がゼロとなっていても、総合的な諸費用はメガバンクや都市銀行とかわらないこともあるので注意が必要になります。

また、案外と忘れられやすいことが、最初の住宅ローンで保証料を一括で支払っていた時には、繰り上げ返済をするとその保証料が返ってくることがあるというものです。

保証料が戻ってくることも考慮に入れた上で、住宅ローンの借り換えをしたほうがいいかどうかを調べてください。

保証料は、繰り上げ返済をすることで一部が返ってくる可能性がありますが、事務手数料は返金される見込みはありません。

同じ金額であれば、保証料を支払っていたほうが得をする場合があるということも考慮に入れて、住宅ローンの借り換えを検討しましょう。

住宅ローンの借り換えで確認するポイント

現在の住宅ローンから、別の住宅ローンに借り直したいと考えている場合、重視すべき点はどこでしょう。

低金利となっている今は、借り換えをするには、よい時期でもあるので、ぜひ検討してみることをおすすめします。

住宅ローンの借り換えでメリットが出るためには、残りの返済期間が10年以上あることがひとつの目安となります。

返済までに要する日数が少なければ、借り換えてもさほどの得にはなりません。

現在、借りている住宅ローンよりも0.1%は低いものであること、まだ1,000万円以上は返さなければいけないという時は、考える必要があります。

以上の内容は、住宅ローンの借り換えで一般的に重視したほうがいいと言われてきた事柄で、いわば定番です。

しかし今では、昔ならば考えられないようなタイプの住宅ローンもあるようです。

借り換えでの諸費用が安い住宅ローンも登場してきたため、判断基準も多様化しており、たとえ1つしか条件を満たしていなかったとしても大きなメリットが出ることがあります。

最終的な判断としては、今の住宅ローンの利息も含めた支払い残高と、新しい住宅ローンの諸手当を含めた返済の総額を比べて、安くなっているかどうかです。

もしも、借り換え後の住宅ローンの支払総額が、今のまま返済しているよりも減額されれば、意味があります。

最低でも、借り換えによって新しく返済しなければならなくなった部分は、借りかえ前の住宅ローンのままでいたたほうが、都合がいいといえるでしょう。

近年では、諸経費が合わせて10万円くらいでいしという住宅ローンもありますので、まだは色々な可能性を試してみるといいでしょう。

住宅ローンの借り換えに適した時期とは

 

住宅ローンを利用して、憧れの家を購入するという人は少なくありません。

住宅ローンとは、大口の融資を受けて、何十年もかけて返済を続けていくという、規模の大きなローンになります。

現在利用している住宅ローンよりも、ずっと金利の低いローンに借り換えをして、返済をやりやすくするという方法があります。

住宅ローンの借り換えは、今借りている住宅ローンよりも、ずっと金利が低い金融商品を見つけた時に考えることです。

お得な借り換えをするためには、金利が低いところでなくてはいけません。

借り換えといいますが、今の住宅ローンを繰り上げ返済をして、新たに住宅ローンを借りることになりますので、手数料がかかります。

担保にするための書類や、保証料、印紙代金などをまた支払い直すことになりのすので、それぞれの経費を合計すると意外と高くなることもあります。

新規の住宅ローンを借りる手続きをしつつ、現在の住宅ローンを繰り上げ返済も並行して行わなければいけません。

様々な手続きを考えると思った以上の労苦かもしれませんが、低金利の住宅ローンの借り換えはそうするだけの意味があります。

住宅ローンの借り換えは、現時点での返済残高が一千万円以上ある人や、まだ何十年もかけて返済をしなければならないという状況にある人に向いています。

もしも住宅ローンの借り換えを考えているなら、結果的に自分が得をできるかをよく計算した上で決断することです。

現在は住宅ローンの借入金利か低くなっていますので、借り換えを考えるにはいい時であるといえるでしょう。

-住宅ローン
-, ,

執筆者:

関連記事

借り換え先の選び方

住宅ローンは、融資額の大小によりお得なローンが異なります。 例えば融資手数料は定額と定率(融資額に比例)の2種類があります。手数料が定率だと、低金利のメリットが帳消になるような多額の手数料を支払うこと …

no image

住宅ローン控除という制度について

住宅を購入する時にローンを利用する人が大半ですが、住宅ローンを利用した時には、住宅ローン控除についても知っておきましょう。 払うべきところをきちんと払い、払わずに済むところは払わなくていいようにするた …

住宅ローンの試算をする方法について

ローンを組む時には、確実に全額を返せるように、事前によく考えることです。 特に住宅ローンは高額になるので必須です。 住宅ローンを事前に試算しておく場合、考えておくべきことは何でしょう。 書面作成時の手 …

住宅ローンの借り換えをする時には

住宅ローンの借り換えは目先のことだけでなく長い目でみて行うべきです。 家を購入するために利用するものが住宅ローンです。 大抵の人は家を買うことに気をとられて、ローンの検討が後手に回ってしまうことがあり …

マンション購入時の住宅ローン金利について

マンションを買う時は、マンションの条件と、予算とのバランスを考えるものです。 もしも、住宅ローンを利用してマンションを買うことを検討しているら、ローンの金利次第で支払うことになる金額は全く違うものにな …

TOP