スポンサーリンク

ローンの審査 ローンの金利

フリーローンのメリットとデメリットについて

投稿日:2017年7月18日 更新日:

Pocket

納得のいくフリーローンの使い方をするには、フリーローンの魅力だけでなく、フリーローンを使うリスクに関しても知っておきましょう。

カードローンはフリーローンの一種と言えますが相違点があります。

利用限度額以下ならぱ、繰り返し融資を受けることができることが、カードローンを使う時の便利なところです。

フリーローンの場合は返済して借金が減っても、追加で借入れをすることは出来ないシステムとなっています。

フリーローンは、カードローンのように新しい借り入れを繰り返し行うことはできませんが、あといくらの返済をしなければならないかが、把握しやすくなっています。

毎月給料日前にはお金が足りなくなるといった自転車操業で借金を返済している人には、追加で借入れが出来ないフリーローンは向かないといったデメリットもあります。

金利を比べてみると、カードローンと、フリーローンとでは、カードローンのほうが高金利であるケースが多いと言われているようです。

申し込み時の審査基準に関しては、さほど違いはないと言えますが、多少フリーローンの方が通りやすいかもしれません。

フリーローンを希望する人は、借りたお金を返しきることを想定しているため、信用があると見なされます。

少しでも金利を低くしたい場合や早く借金を完済したいという人には、カードローンよりもフリーローンの方がお勧めということが出来ます。

できるだけ早くお金を借りたいという人は、申し込み日中の融資もできるというカードローンを申し込んだほうがいいでしょう。

フリーローンは申し込みをしてから融資までに1週間程の時間がかかるので、急ぎでお金が必要な人には不向きと言えます。

フリーローンの利息の高さについて

どんな理由があって、銀行のローンよりも、消費者金融のローンのほうが高く設定されているのでしょう。

大抵の消費者金融会社は、フリーローンとして、キャッシングを行っています。借りたお金を何に使ってもいいという前提で融資を受けられることが、フリーローンの特徴です。

一般的に銀行でお金を借りるときは、使い道をはっきりする必要があります。

銀行は、何に使うお金なのかも含めて審査し、借り入れ金額や利息を決定します。

住宅ローンのように比較的リスクの低い融資の場合には利息は低くなります。

事業資金に必要な融資を組む時には、金利を高めにすることで、返済が滞った時に備えています。

消費者金融会社のフリーローンは、どういう使い方をしてもいい分、返済の保障がないので、目的型ローンより貸付条件が厳しくなります。

消費者金融のフリーローンは、金利が20%弱になることもありますが、銀行の住宅ローン借り入れは1%以下ですので、相当な違いになります。

フリーローンはどんな使い方をするのか自由ですので、消費者金融業者にとってはとてもリスクが高いと言えます。

また、消費者金融会社から融資を受ける人の場合、金銭的に困窮している人が少なくないので、返済不能リスクが高くなってしまいがちです。

消費者金融でフリーローンを利用するときは、できるだけ借りる額は少なくすることと早めに返済することが重要になります。

フリーローンはどんな使い方もできる自由なローン

フリーローン融資を行っている金融機関は、数多く存在します。

フリーローンとは個人向けにお金を貸し出すサービスで、無担保、無保証でお金を借りることができるようになっています。

使途が自由なことが、フリーローンの特色です。

事業に使うこと以外なら何でもいいので、結婚式の費用や、宴会の参加費などにも利用可能です。

フリーローンは、一度借りると、再度の借り入れができないので、あとは完済するだけです。

返済は、銀行口座からの自動引き落としもできますので、スムーズに手続きができます。

銀行からの融資は、他の金融機関に比べても金利が低めです。

銀行のローンは審査に時間がかかることや、審査が厳しめであることが多く、人によっては審査に通れないこともあるようです。

銀行でフリーローンを申し込むと、資産状況や収入、勤務している会社について詳しく調べた上で、融資の可否を決めています。

大手の銀行にこだわらずとも、地方の銀行でも低い金利で融資を受けられる見込みがあります。

また、インターネットに店舗を展開しているネットバンクは、簡便な手続きがローンが利用できます。

地方銀行のフリーローンは、その地域にある会社で働いてたり、住んでいる人でなければ申し込むことができませんが、収入条件か緩和されている銀行も少なく、口座を持っている銀行は融資が受けやすいといいます。

大手銀行からのフリーローンを利用しづらい時には、別の金融会社に申し込むことも考えてみてください。

融資を受けた後は、完済するまてお金を返すだけという仕組みになっているため、追加で融資ができるカードローンと違って、フリーローンの審査はOKが出やすいともいいますが、収入面や、ローンの返済履歴によっては、断られる可能性もあります。

-ローンの審査, ローンの金利
-,

執筆者:

関連記事

無担保でローンを組んでお金を借りられるのか

金融後進国日本において無担保でローンを組むことができるのでしょうか。 最近は、案外と大勢の人が金融機関から融資を受けてて、毎月の返済をせっせと行っているとされています。 一切の融資を受けずに日常生活を …

超低金利時代におけるローンの借り換え

超低金利時代が続く中において、賢い資産運用方法とは何でしょうか。 返済中のローンがある人は、内容を再度チェックしてみて、低金利の中でできることはないかを確認しましょう。 多くの人は、ローンを借りるまで …

金利の差をローンのシュミレーションで確認する

借金には利息がつくことが原則です。 借りた金額に、金利に基づく利息を足した金額を、返済するという形になります。 各キャッシング会社にごとに金利は異なっていますので、どの金融機関からお金を借りるかはとて …

ローンの審査で最も重要視されるのは年収

新しくローンの借り入れを希望する場合は誰でも、金融会社が行っている審査をクリアしなければなりません。 金融会社ごとに、どんな審査をしているかは違いますが、重視されている項目には、その人の年収があります …

低金利のキャッシングをお得に利用する

できるだけ低金利でキャッシングをしたい時にはどうしたら良いのでしょうか。 金銭的な問題を抱えていて、キャッシング融資を受けたいけれど、金利がネックだという人がいます。 身内にお金を借りる時には借りた額 …

TOP