スポンサーリンク

ローンの審査 ローンの金利

無担保でローンを組んでお金を借りられるのか

投稿日:2017年7月5日 更新日:

Pocket

金融後進国日本において無担保でローンを組むことができるのでしょうか。

最近は、案外と大勢の人が金融機関から融資を受けてて、毎月の返済をせっせと行っているとされています。

一切の融資を受けずに日常生活を送っているという人のほうが少ないのではないでしょうか。

数多くの人が、月々の収入のうちの一部を返済に回しているようです。

こういた人は、どういうお金の借り方をしているのでしょう。

ローンに対応している金融会社は色々なところがありますが、審査に通りにくい順に挙げていくと、政府系金融機関、民間銀行、消費者金融機関の順です。

闇金を除くこれらの金融機関から少額の金額を借りる際は、勤め先の信用や個人の信用力で無担保で借りることができます。

マイホームを建てる為の資金や事業用資金等の金額が大きい場合には、無担保で借りることができません。

無担保での融資が行われないケースでは、万が一にも融資をした人が返済不能状態に陥った時に、現物を押さえるなどして利益を確保する必要があります。

仮に、担保なしでローンを組めるという場合は、返済能力の高い連帯保証人がついている可能性があるでしょう。

大抵の人は、無担保でローンを組むことを希望しても、金融会社がそれを認めることはありません。

海外の金融機関は、企業や、個人の信用がある人になら融資をするものですが、日本のローンは、しっかりした担保があることのほうが大事です。

金融機関は目先の利益確保とリスクを回避するため、無担保でローンを組むことは基本的にはできないと思った方が無難です。

融資額が足りない時に役立つ無担保ローン

新規店舗の開店や、会社を新しくつくりたいという時には、資金がいるものです。

自分の所有資金だけで企業資金が用立てることができれば理想的ですが、大抵の場合は金融会社からの融資を利用しています。

金融会社側が担保を求めてくるのは、万が一、返済ができなくなった時に、返済金を補填するために必要だからです。

金融機関から起業のための融資をしてもらい、一定の資金が調達できたとしても、なおまだ不足していることがあります。

お店を開くときや、会社をおこすときに、金融機関から借りた金額だけでは不足していて、知り合いや親戚を頼るという人はよくいます。

もう少しだけ融資額が足りないという時には、無担保でもお金を借りることのできるローンがあります。

ローンを無担保で借りようとすると、金利設定が高くなりますので、その点は理解しておく必要があります。

高金利で融資を受けると、返済の負担が大きくなってしまいますが、無担保で融資を受けることでのメリットも存在しています。

借りたお金を返済できるという目算がついているなら、まとまった資金を調達することのほうが、将来的にもプラスになるでしょう。

お店を開く時や、新しく会社を興す時は、事業計画をきちんと立てて、計画的に物事を進めるものだと考える人が大半です。

けれども、思いがけないことが起きたり、やってみなければわからないことが起きて、出費が膨らむことがあります。

急な入用に対応するための1つの手段として、応急的に融資を受けられるのは、無担保ローンの最大のメリットでもあります。

無担保ローンを利用する際のメリットとデメリットについて

無担保のローンは、借り入れ時の魅力も多いですが、注意すべきポイントもあります。

無担保ローンとは、その名のとおり担保を用意することなく借り入れを行うローンのことを指します。

不動産や車などの資産を持っていない方であってもお金を貸し付けてくれるサービスです。

ローンという名前から縁遠いものという印象を抱きがちですが、身近なところではクレジットカードのキャッシングも無担保ローンの一種です。

無担保ローン融資を行っている金融機関は多く、銀行や、消費者金融会社からの借り入れも可能です。

無担保ローンの強みは、担保なしでお金が借りられることだけでなく、審査結果を待つ時間が短いことも挙げられます。

スピーディな審査が行われている金融会社の場合、1時間程度で結果が出るようです。

ただし、貸し付ける側から見れば万一の事故を想定した場合には、無担保のローンはリスクの大きい性質を持っています。

金融機関のリスクを低減させるために、金利が高めに設定されており、これは借りる側にとってデメリットとなるポイントです。

デメリットとしてまず第一に挙げられるのが金利の高さであり、担保を用意してローンを組む住宅ローンなどと比較すると随分と金利が高くなってしまいます。

担保がない以上、融資の根拠は申込み者本人の信用だけです。

そのため、無担保ローンでは、返済能力がある顧客かを見極めるために、勤務先や、勤続年数、仕事内容、年収、過去のローン履歴などを調べます。

無担保でローンを借りようとしても、過去のローンをきちんと返せていない場合は、審査でOKが出ないことがあります。

-ローンの審査, ローンの金利
-,

執筆者:

関連記事

銀行のビジネスローンを利用する時

もしも、事業資金として数千万円を必要としている場合は、銀行から無担保のビジネスローンを使うといいでしょう。 ただし、ビジネスローンを申し込みたいと思った場合には、やっておいたほうがいいことがあります。 …

低金利のキャッシングをお得に利用する

できるだけ低金利でキャッシングをしたい時にはどうしたら良いのでしょうか。 金銭的な問題を抱えていて、キャッシング融資を受けたいけれど、金利がネックだという人がいます。 身内にお金を借りる時には借りた額 …

自動車ローンは十分に試算して決めるべき

自動車ローンは、大きく分けて2種類があります。 1つは自動車を購入したディーラーの提携するローン、もう1つは金融機関のローンです。 自動車の販売業を営んでいるディーラーが、直接ローンの窓口になってくれ …

金利の差をローンのシュミレーションで確認する

借金には利息がつくことが原則です。 借りた金額に、金利に基づく利息を足した金額を、返済するという形になります。 各キャッシング会社にごとに金利は異なっていますので、どの金融機関からお金を借りるかはとて …

住宅ローン借り換えの審査基準は?

住宅ローン審査は収入が多い、少ないというだけではなくこの先安定して返済し続けることができるかどうかという点が重視されます。 これは借り換え審査でも同様です。   年齢・勤続年数・勤務先・自営 …

TOP