スポンサーリンク

ローンの審査 ローンの金利

カードローンの申込はいたってシンプル

投稿日:2017年6月20日 更新日:

Pocket

パソコンやスマホを使って、ネットでカードローンの申込をするやり方はとても簡単で、スムーズにできます。

かつては、カードローンの申込を行う時には、無人契約機を使ったり、店舗窓口から行うというものでした。

インターネットを利用したカードローン申込のいいところは、時間帯や、日曜祝日に関係なく、いつでもできることです。

携帯器機からでもカードローンの申込が可能になり、手軽さは依然とは比較できないほどです。

スマホがあれば、思い立ったときにいつでもカードローンを申し込めるようになっているのは、非常に便利なものです。

身分証明書の写しを提出できれば、申込の手続きは問題なくできます。

スマホにはカメラ機能がついていますので、身分証明書の写真を撮影し、申込み時に画像を添付すれば手続きは可能です。

身分証明書に記載されている文字がきちんと読み取れるものでなければなりませんが、提出に紙媒体が必要なく、画像データで済むのですから、誰でも簡単に申し込めます。

借りたお金の受け取り方法に、銀行口座への振り込みを指定しているならば、申込の時に銀行の口座の番号が必須になります。

申込自体は24時間いつでもOKですが、審査の結果が確認できるのは、金融会社が営業している時間内のことになります。

休日や平日の夜間でも9時くらいまでは受け付けてくれるカードローンがほとんどですので、困ることはほとんどありません。

今すぐに現金を用立てたいという場合でも、カードローンを利用すればすぐにでも対応できますので、必要な時は申込をするといいでしょう。

カードローンの申込方法の種類について

カードローンを利用する時には、自分に都合のいい方法で申込をすることができます。

カードローンの申込先が銀行である場合、そこに口座を持っているのかどうかで、申込方法が変わってきます。

ネットバンキングはどの銀行も取り扱っており、インターネットの普及により、多くの人に利用されるようになってきました。

カードローンからの申込は、ネット銀行を解説している銀行のホームぺージからでも簡単にできますので、一度試してみるといいでしょう。

ネットカードローンの申込は、パソコンからでも、携帯端末からでもできるようになっていますので、必要なことを入力し、送信するだけで終わります。

もしも、その銀行のネットバンク口座がないという場合は、カードローンの申込をして審査にクリアし、専用カードを発行してもらうところからです。

ネットバンクの口座があれば今が省けますが、そうでなければまず口座を開いて、それからカードローンの必要手続きを行うようにします。

と言っても、ネットバンキングを持っている人同様に、必要事項を入力して送信するだけなので、手続きは簡単に終了します。

カードローンの申込をした後、大体1時間程度で銀行から申込審査の結果について、電話で連絡がきます。

所定の手順で申込を済ませることができれば、その後、契約手続きをして、借り入れ用のカードを受け取ります。

もしも、ネットバンキングの口座を持っていないという人は、過去のクレジット履歴を確認する時などに煩雑なこともあるかもしれませんが、それほど難しくはありません。

専用のフォームに必要事項を入力し送信するだけで申込はできますので、カードローンを使いたい時は気軽に申し込めます。

カードローンの申込み時に注意すべき点について

カードローン初体験という人が気をつけたいこととは一体どういうことでしょう。

カードローン初体験という人が申込手続きを行う時は、心配になることがたくさんあるものです。

しかし、重要なポイントを間違わなければ、誰でも簡単に申込みをすることが可能です。

まず、カードローンは安定した収入のある人であれば誰でも申込みが可能となります。

カードローンの申込は、アルバイトやパートで生計を立てている人や、60代以上の年金暮らしの人でも、手続きができます。

職業や年齢は関係なく、安定した収入があるかどうかが重要となります。

インターネットからの申込が可能なカードローンでは、パソコンや、スマートフォンでの申込ができ、その日のうちに審査結果が確認できます。

インターネットから申し込めるカードローンでは、申込から数時間で審査が終わり、指定口座にお金が振り込まれますのでとても便利です。

自動契約機を利用した場合には、30分程度でローンカードが発行されることもあります。

このローンカードの利用で、お金の借り入れと返済が自由に可能となるため、このカードを所持する事ができた時点で、限度額まで自由に借入が可能な状態となります。

始めてカードローンの申込をした時点で、貸し付け上限金額が決定されますので、専用カードではその金額までの融資が受けられます。

利息の上限が決まっているので、借り入れた金額と完済するまでの回数などを事前に計算して、借り入れの計画を立てていく事が可能となります。

-ローンの審査, ローンの金利
-,

執筆者:

関連記事

住宅ローンの試算をする方法について

ローンを組む時には、確実に全額を返せるように、事前によく考えることです。 特に住宅ローンは高額になるので必須です。 住宅ローンを事前に試算しておく場合、考えておくべきことは何でしょう。 書面作成時の手 …

住宅ローンにおける税金の控除について

住宅ローン控除は、住宅ローン融資を受ける時に知っておいたほうがいいことですが、意外と理解していない人が大勢いるようです。 住宅ローン控除とは、住宅ローンを利用すると、その年以降の税金が一部控除されると …

主婦向けのローンを取り扱っている金融機関

金融会社のローンは、様々な人が借り入れが可能になっていて、最近では主婦でも融資が可能なところが増えています。 ローンを借りやすいようにと、主婦が申込みをしやすい環境を整えているような金融会社もあります …

おまとめローンは低金利だから利用価値あり

銀行や消費者金融などのローン商品の中には、おまとめローンという名称の商品があります。 おまとめローンは、融資限度額を他のローンと比べてみると、比較的大きい枠に設定されています。 金利が低いことも、おま …

ビジネスローンを比較するポイントについて

金融会社で、ビジネスローンに関係しているところはたくさんありますので、金利を比較して低金利のところを探します。 金利は、ビジネスローンを比較する時に、最も大事な部分だといえます。 低金利すぎるビジネス …

TOP