スポンサーリンク

ローンの審査 ローンの金利

事故情報と借りている件数がポイントになるおまとめのローン

投稿日:2017年5月23日 更新日:

Pocket

おまとめのローンは、返済中の他社のローンを、1社からの借り入れになるよう借り換えることです。

しかし、必ずしも審査で貸し付けOKとなるとは限りませんので要注意です。おまとめローンの申込みをしても、審査で断られては借り入れができませんので、その点を覚悟しなければなりません。

状況によっては、おまとめのローンを利用するのが難しい事は少なからずあります。

おまとめローンの審査では、まず、過去のキャッシング履歴をチェックします。

クレジットカードでも、返済を長期にわたって滞らせたことがある人は、事故情報として記録が残っています。

今まで、返済に行き詰まって債務整理などをしたことがある人は、新規のおまとめローンは困難になっているものです。

金融商品の延滞履歴といっても、その内容によりけりです。

2カ月くらい遅れただけならば、おまとめローンの審査には支障にはならないといいます。

おまとめローンの審査では、支払いを半年以上滞らせたり、債務整理をしたことがある人は、その分不利になります。

おまとめのローンの場合は、実は件数が意外と大きなポイントになり、借入している金額ではなく、件数の方が重要度が高くなります。

完済までに必要な金額が大きい人より、たくさんの金融会社からお金を借りている人のほうが、審査に通りにくくなります。

とはいえ、金融会社の中でも、借り入れ中の他の金融機関の数が多い人に対してでも融資を行うところもありますので、まずは申し込んでみることです。

返済日の整理と利息の軽減ができるおまとめのローン

利息の軽減と、毎月の返済日の確認がしやすくなることが、おまとめローンのいいところてす。

何らかの融資商品を利用している方の中には、複数のローン会社からお金を借りている場合もあります。

幾つもの消費者金融会社からお金を借りてしまうと、1カ月に2回も3回も返済日がやってきて、お金を返すことが大変です。

色々な金融会社からお金を借りていると、月毎の返済日が複数回あることになりますので、返済の進捗状況を把握しきれなくなってしまうことがあります。

返済日をうっかり失念していて延滞状態になってしまったり、返済金額を誤って振り込む可能性もあります。

借りたローンを確実に返済できるようにしておくには、キャッシング会社の借り入れ先を少なく抑えて、返済しやすくしておくことです。

数社からお金を借りていると、いつ、どの金融会社に、いくら返済するのか、忘れてしまいがちです。

何とか返済の煩雑さを整理したいと思う時は、おまとめのローン商品を活用してみると良いでしょう。

おまとめローンによってローンの借り換えを行うことで、返済の予定を立てやすくなります。

おまとめローンにすれば、毎月の返済は一度きりになりますので、間違うリスクを減らすことができます。

借入時の金利設定によっては、より金利の低いおまとめローンを使うことができれば、返済に必要な金額を減らすこともできます。

複数の金融会社のローンを使っていて、矢継ぎ早にやってくる返済日に対応しきれないという時は、おまとめローンが重宝します。

-ローンの審査, ローンの金利
-

執筆者:

関連記事

マンション購入時の住宅ローン金利について

マンションを買う時は、マンションの条件と、予算とのバランスを考えるものです。 もしも、住宅ローンを利用してマンションを買うことを検討しているら、ローンの金利次第で支払うことになる金額は全く違うものにな …

住宅ローンの試算をする方法について

ローンを組む時には、確実に全額を返せるように、事前によく考えることです。 特に住宅ローンは高額になるので必須です。 住宅ローンを事前に試算しておく場合、考えておくべきことは何でしょう。 書面作成時の手 …

no image

ローンの返済は繰上げした方がお得

ローンの返済予定よりも期日を繰上げしてお金を返すことで、総支払額を減らすことが可能になります。 返済日より早く返済ができればできるほど、利息は少額で済ませられます。ローンの利息は返済残額に対して計算さ …

ローン申込み時に必要になる担保とは

担保を用意することで、高額のローンを利用するという手段があります。 金融会社からすれば、ローンで貸したお金の回収がうまくいかなった時には、担保を回収させてもらうという選択肢が保険になります。 担保は、 …

ローン申込み時に必要になる担保とは

担保を用意することで、高額のローンを利用するという手段があります。 金融会社からすれば、ローンで貸したお金の回収がうまくいかなった時には、担保を回収させてもらうという選択肢が保険になります。 担保は、 …

TOP