スポンサーリンク

住宅ローン

リフォームのローンは比較することが重要

投稿日:2016年9月10日 更新日:

Pocket

しっかり考え方上で、どのローンにするかを決めることが、リフォームローンを使う時には欠かせません。

ずっと住み続けていると、やはり大規模な補修や、変更を施す必要が出てくることがあります。

リフォームを行うことで、より時間を過ごしやすい環境にします。

どのくらいのリフォームをするかによって、少額で済む場合と、まとまったお金がいるという場合があります。

多額のリフォーム費用がかかる時に一括で支払うことは、なかなか難しくなるので、多くの場合はローンを組むことになります。

できるだけたくさんの金融機関のリフォームローンについて情報を得た上で、最もお得な借り方を確認してみましょう。

貸付上限金額や、金利の設定、各種の手数料など、リフォームローンの内容は会社ごとにまちまちです。

自分が考えているリフォームプランに合うローンを探すことが重要です。

自宅にいながらリフォームローンの申し込みができるサービスもあって、時間がないという人でも安心して申し込めます。

もし、リフォームローンを探しているならば、返済がしやすそうなところにするといいでしょう。

ローンの申込み時の審査などは金融機関によっても違いますので、ローンについて調べてから申し込むようにしましょう。

金融会社複数のローンの内容を比べていると、金融会社ごとの特性や、どんなローンが条件のいいローンと評されるのかが理解できます。

リフォームも修繕する規模によってはローンを使ってお金を工面しなければならないケースもあります。

住宅ローンの返済が残っている場合など、住宅にかける余分なお金もなかなか無いものです。

住み続けていれば、様々な市場があって家をリフォームしなければならなくなったりもします。

住宅以外のことにお金が必要なので、リフォームをする為にお金を用意することができない場合には、リフォームローンを利用する方法もあります。

大抵は、リフォームは無担保で借りることになります。

金利や、貸付上限額を決める時には、申し込み者の返済能力を確認することが重要になります。

金利が高めになるのは、目的型ローンとはいっても、担保なしでまとまったお金を借りる以上は、やむをえないことです。

同じリフォームローンでも、住んでいる住宅ローンを契約している銀行であれば、優遇金利を受けることが多いのも事実です。

リフォームローンの優遇金利が受けられる理由は、返済者の信用は現在の住宅ローンの返済によって確認が取れるからです。

そのため、住宅ローンの返済でトラブルを起こしたことがある人は例外ですが、そうでなければ、優遇金利が期待できます。

金融機関からすると、新規のお客では無く、すでに取引の実績があるので、貸し倒れのリスクを確認しやすいというメリットがあります。

リフォームによって住宅自体の価値が高くなれば、住宅ローンの担保価値が高くなることにつながりますので、金融機関から見ても悪い話ではありません。

万が一住宅ローンの支払いが不能になり、住宅を売り払わなければいけなくなった時でも、リフォーム済みの価値の高い家なら、銀行からしても望ましいことです。

一口にリフォームといっても、一部分だけのこぢんまりとしたものから、一千万円近い金額になるような大リフォームもあります。

金融会社が扱っているリフォームローンは、リフォームをしたい人のために貸付を行っている目的型ローンです。

住宅ローンと、リフォームローンが、リフォームを行うために融資を受けたいという人が利用する主な目的型のローンになっています。

両者の違いは、担保を必要とするかどうかです。

住宅ローンと違って、リフォームローンは、担保がなくても融資が受けられることがあります。

担保がないよりは、担保を用意することができたほうが、貸付時の金利設定は安くしてもらえるというメリットがあります。

担保を立ててリフォームローンの借り入れを行った場合、完済までの要する時間を長くして、毎月の支払い額を少なくしておけます。

家計に負担にならないように、月々の返済額をできるだけ減らしたいならば、担保があったほうがいいでしょう。

審査の基準が厳しめに設定されている場合は低金利での融資か可能になりますが、申し込みに必要な書類作成も一手間かかります。

審査をクリアしやすいことか、担保のいらないリフォームローンの大きな特徴になります。

急ぎでリフォーム資金を調達したいという場合は、あっという間に手続きができて、結果もすぐにでるリフォームローンが便利です。

担保のいらないリフォームローンは、高金利の融資になるだけでなく、月々の返済負担が高くなりやすいという欠点があります。

リフォームローンの申し込みをする時には、担保があることでどんな影響があるかを事前に把握しておくことが重要です。

-住宅ローン
-, ,

執筆者:

関連記事

ライフスタイルにあった住宅ローン選びを

住宅ローンは大口の借り入れになりますし、何年もかけて返済することになるので、よく考える必要があります。 金利を単純に比較するだけでなく、金利の仕組みにも違いがありますので、どんな条件で借りるかを、じっ …

no image

住宅ローン控除の対象金額と還付金の計算方法

住宅ローン控除はどのくらいの減税効果があるのか、これからマイホームを建てようと考えている人にとっては気になるところです。 住宅ローンはどのように控除されるかや、還付金額について、最初から詳しいという人 …

住宅ローン借り換えの審査基準は?

住宅ローン審査は収入が多い、少ないというだけではなくこの先安定して返済し続けることができるかどうかという点が重視されます。 これは借り換え審査でも同様です。   年齢・勤続年数・勤務先・自営 …

住宅ローンの借り換えで確認するポイント

住宅ローンの借り換えにかかる手数料とは   住宅ローンの借り換えをする時に、案外とおろそかにできないものが手数料です。 手数料が、借り換えの得を相殺する可能性すらあります。 借り換え時にかか …

住宅ローン選びで重要なのは

大抵の人は、家を買う時には住宅ローンを組んで、金融機関からの融資を受けています。 家は人生の中でも特に大きな買い物になりますので、ほとんどの人が住宅ローンの融資を受けています。 住宅ローンを選ぶ際に一 …

TOP