住宅ローン借り換えの審査基準は?

住宅ローン審査は収入が多い、少ないというだけではなくこの先安定して返済し続けることができるかどうかという点が重視されます。
これは借り換え審査でも同様です。

 

年齢・勤続年数・勤務先・自営業かどうか・年間の返済額と年収の割合である返済負担率・健康面での問題・車のローンや教育ローン・キャッシングでの借り入れ・これまで住宅ローン返済の延滞など細かな点までしっかりとチェックされます。

また住宅ローン借り換えの場合にはこれにプラスして担保物件の価値、物件評価が重要になってきます。新築から時間が経過して不動産の価値が大幅に下がっていたり、オーバーローンの状態になっている場合には借り換え審査に通らないことも考えられます。

住宅ローン借り換え審査の基準はそれぞれの金融機関によって違いますし、住宅金融支援機構と民間銀行が提携しているフラット35などはまた違った基準があります。ですから住宅ローン借り換えを検討する際にはひとつの銀行だけに絞って計画を立てるのではなく、あらかじめ借入れ条件のいい複数の銀行をピックアップしておき、同時に資料請求と申し込みを行っておくことで、通らなかった場合の保険をかけておきましょう。

借り換え審査に通らない理由は何?

金融の自由化やネットバンクの登場によってここ数年で金利が安く条件の良い住宅ローンが登場しています。しかしこのことが借り入れる側にとってマイナスになる場合もあるのです。

金利が低い、繰り上げ返済手数料無料など借りる側にとってのサービスがよくなると審査基準が厳しくなる傾向があります。条件が良いということは銀行側のリスクが高くなるため、より安定した借り手を求めるからです。

また、景気の低迷が続くと最初に借りたときと収入が変わっていない、もしくは逆に年収が下がってしまっているということも多くなります。当初の予想より返済負担が大きくなっているため借り換えをしたいと考えても、収入の基準を満たせないということも増えているようです。

具体的に主要な銀行の審査基準を見てみると、年収の下限は300万円~400万円、勤続年数は3年以上、。健康で団信保険に加入できることといった点が共通しています。この基準を満たしておくことが住宅ローン借換審査の一つの目安になるはずです。