住宅ローンの返済方法の選び方

住宅ローンの返済には、大きく分けると元利均等返済と、元金均等返済があります。

両者がどう異なるのかを把握している人は多くないようです。

住宅ローンを決めることも重要ですが、家を買う時には、メーカー選びや、立地選び、間取りプランの確定など、決めなければいけないことがいくつもあります。

元利均等返済とか元金均等返済とか聞くだけでも難しく感じられるので、できれば遠慮したいところです。

返済の時点になって困ったことにならないように、住宅ローンを選択する時にはよく調べることが重要です。

元利均等返済では、元金と利息の合計額が同じになるように計算されているため、毎回の返済額が均等に設定されていています。

文字通り元金が均等になっていて、金利が変わらなければ毎回の返済額は一定となるわけです。

一見すると、毎月同じ金額をずっと返し続けていくことで完済できるというわかりやすい住宅ローンの返済方法なりますが、その実、利息と元金の割合が少しずつ変わっていきます。

当時は、元金に対する利息の比率が高めですが、徐々に利息の占める割合が少なくなり、元金返済分が大きくなります。

元金均等返済の場合には、返済する住宅ローンのうち元金部分が均等になっています。

元金がどのくらい残っているかで利息も変動しますので、元金の返済が進み、残高が少なくなれば、利息も結果的に少なくはなっていきます。

よって元金均等返済のケースでは、住宅ローンの返済を初めた頃は金額が多く、将来的には返済額が徐々に減っていくことになります。

元利均等返済と比較すると、住宅ローン開始の頃は支払額の負担は重いのですが、元金部分の減りが早いために、後々の返済は楽になるというメリットがあります。