スポンサーリンク

住宅ローン

ライフスタイルにあった住宅ローン選びを

投稿日:2016年10月15日 更新日:

Pocket

住宅ローンは大口の借り入れになりますし、何年もかけて返済することになるので、よく考える必要があります。金利を単純に比較するだけでなく、金利の仕組みにも違いがありますので、どんな条件で借りるかを、じっくり検討することがとても大事です。どういう人が、変動金利で住宅ローンを借りるといいのでしょう。こりから先、収入が増えるであろう人や、支出が減る見通しが立っている人なら、もしも月々の返済金額が多くなっても、対応することができるでしょう。とはいえ、思いがけない出費があるかもしれないことは考えておくべきです。何かあった時に対応できるようなお金が用意できている人なら、金利が変動して返済額が増えても対応は可能なわけですから、変動金利でもいいという考え方もあります。住宅ローンの金利では、固定金利と、変動型金利をミックスしたパターンも存在しています。シミュレーションを実際にしてみることで、毎月どのくらいの返済金額で暮らしていけるかも調べられます。2年、5年、10年等と期間を区切って、最初のうちだけ固定金利で返済をするという住宅ローンもあります。固定金利で返済をしているうちは月々の返済金額が変わらないという利点がありますが、固定金利で計算する期間が終われば、その後は金利が上昇する可能性があることを考慮に入れる必要があります。固定金利で支払う期間が終わるころ、ライフステージはどうなっているかを考えることが大事です。安心して住宅ローンを使うためには、完済までの見通しを立てて、将来にどんな可能性があるかを考慮に含めた上で、納得のいくものを探すようにしましょう。

-住宅ローン
-, ,

執筆者:

関連記事

住宅ローンの借り換えで確認するポイント

住宅ローンの借り換えにかかる手数料とは   住宅ローンの借り換えをする時に、案外とおろそかにできないものが手数料です。 手数料が、借り換えの得を相殺する可能性すらあります。 借り換え時にかか …

借り換え先の選び方

住宅ローンは、融資額の大小によりお得なローンが異なります。 例えば融資手数料は定額と定率(融資額に比例)の2種類があります。手数料が定率だと、低金利のメリットが帳消になるような多額の手数料を支払うこと …

住宅ローンを比較してお得に借りよう

住宅ローンを始め、様々なローンが金融会社によって取り扱われており、大口の融資を必要としている人が使います。 どの金融会社が、どんな融資条件でお金を貸しているかや、返済をしてもらっているかは、とても大事 …

住宅ローンの試算をする方法について

ローンを組む時には、確実に全額を返せるように、事前によく考えることです。 特に住宅ローンは高額になるので必須です。 住宅ローンを事前に試算しておく場合、考えておくべきことは何でしょう。 書面作成時の手 …

住宅ローンにおける税金の控除について

住宅ローン控除は、住宅ローン融資を受ける時に知っておいたほうがいいことですが、意外と理解していない人が大勢いるようです。 住宅ローン控除とは、住宅ローンを利用すると、その年以降の税金が一部控除されると …

TOP