スポンサーリンク

ローンの金利 教育ローン

学資を準備するために使えるローンは?

投稿日:2016年10月6日 更新日:

Pocket

学資が必要になった時に利用できるローン商品としては教育ローンと奨学金があります。

教育ローンは民間の金融機関が提供している商品で、主に親などが子供のために学資を借りるといった性質のものです。

借りた資金の使途が明確になっているため、より低い金利で融資が可能であり、まとまった金額を借りられます。

比較的借りやすい学資ローンであっても、大きな金額を借りる場合には、相応の信用力が必要になります。

教育ローンではなく、奨学金の申し込みをすることで、学資を得る人もいます。

奨学金の特徴は、学校に通う者本人名義で融資を受けるというところです。

貸し付け型の奨学金には、大きく分けると2つのタイプがあり、無利子のものと有利子のものがあります。

有利子でも民間の教育ローンよりも低い金利が設定されている場合が多いので、より負担が少なく学資を準備できます。

返済が必要なタイプの奨学金は、連帯保証人の同意がなければ借り入れができません。

連帯保証人として対象になるのは、申込みをする本人の親になります。

これにより、奨学金を学資として利用した者は返済しなければなりませんが、何らかの理由で返済が困難になれば、親が返済することになります。

成人後に社会人になった人が大学に進学した場合は、親が連帯保証人にならずとも、当人の収入額によって学資を借りることが可能です。

-ローンの金利, 教育ローン
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ローンを利用する時には金利を確認する

ローンの金利を調べるには、商品概要の実質年率を見れば分かります。自分がどのくらいの金利のローンを利用しているのか、把握することは大変重要です。 金融会社のローンの条件を確認すると、4.5%~17.5% …

no image

ローンの返済は繰上げした方がお得

ローンの返済予定よりも期日を繰上げしてお金を返すことで、総支払額を減らすことが可能になります。 返済日より早く返済ができればできるほど、利息は少額で済ませられます。ローンの利息は返済残額に対して計算さ …

ローン申込み時に必要になる担保とは

担保を用意することで、高額のローンを利用するという手段があります。 金融会社からすれば、ローンで貸したお金の回収がうまくいかなった時には、担保を回収させてもらうという選択肢が保険になります。 担保は、 …

借り換え先の選び方

住宅ローンは、融資額の大小によりお得なローンが異なります。 例えば融資手数料は定額と定率(融資額に比例)の2種類があります。手数料が定率だと、低金利のメリットが帳消になるような多額の手数料を支払うこと …

超低金利時代におけるローンの借り換え

超低金利時代が続く中において、賢い資産運用方法とは何でしょうか。 返済中のローンがある人は、内容を再度チェックしてみて、低金利の中でできることはないかを確認しましょう。 多くの人は、ローンを借りるまで …

TOP