自動車ローンは十分に試算して決めるべき

自動車ローンは、大きく分けて2種類があります。

1つは自動車を購入したディーラーの提携するローン、もう1つは金融機関のローンです。

自動車の販売業を営んでいるディーラーが、直接ローンの窓口になってくれることがあります。

何となく場の流れで、ローンを組む時にディーラー任せにしてしまう人もいますが、できるば自分の目で確認した上で融資を受けたいものです。

ディーラーが勧めてくるローンは、申し込み手続きがしやすく、審査も通りやすい傾向がありますが、設定されている金利が高くなりがちなことが、懸念事項です。

見た目の金利の違いはわずかでも、完済までに必要な金額が大きく変わることもあるので気をつけましょう。

ディーラーがお勧めのローンを利用すれば、今後の車検費用や、法定点検費用を、値引きしてもらえることもあります。

以後、車検や整備の必要性が生じた時に、ディーラー指定店を使うとお安くなるという可能性もあります。

一方、金融機関の自動車ローンの中でも、期間を区切って金利を引き下げたり、借りやすくすることもあります。

人によっては、金融会社が窓口を開けている平日の日中は、仕事なり、家のことなりが優先になってしまって、なかなか金融会社に出向ず困ってしまうということがあるようです。

家から一歩も出られない状況でも、ネットキャッシングなら、好きな時に融資が受けられます。

ローンの返済負担だけでなく、将来的に車にかかる維持費用や、サービス内容も踏まえて、納得のいく自動車ローンを探しましょう。

最近は、顧客獲得のために、金融機関はいずれも独自の工夫をはかっています。

どの金融機関からローンを受けるべきは、よく試算をして決めましょう。

コメント