スポンサーリンク
Pocket

カードローン借り換えとは?

カードローン借り換え(おまとめローン)とは、複数の金融業者から借り入れをしている人が、新たに金融業者から借り入れして、今まで借金していた業者へ完済するものです。

多重債務に陥っている人が借金を一本化して、一社に対して返済していきます。
1社からまとまった金額を借りることで、金利が下がり月々の支払額や総返済額を減らすことができます。

どんなメリットがあって、デメリットは何があるのか?

カードローンの借り換えは、しばらく利用してみて「金利を引き下げたい」や、「月々の返済額をもっと下げたい」や、「支払いしてもっと残高が減るようにしたい」など、借りた人が今借りているローンを低金利なローンと交換したい!と思うようになった時に、普通に考えつきます。

1番借り換え目的で多いのが金利です。
最初は気軽に借りれて、審査も早く即日融資で借りられる消費者金融を多くの人は選びがちです。
消費者金融の大手と言えばプロミスやアコムが有名です。

プロミスやアコム、モビットなどの消費者金融は提携ATMも多く、会員サービスは最も優れているカードローンと言っても過言ではありません。
しかし消費者金融だけに、やはり金利がどうしても高くなっています。

金利が高いと言っても、17.0%~18.0%なので昔に比べれば断然低金利になっています。
クレジットカードでもキャッシング機能が付いていますが、クレジットカードからキャッシングしても金利は消費者金融と近い14%~18%の金利になっているのです。

ステータスが高いとされている、ダイナース。このダイナースのブラックカード(プラチナ)でもキャッシングした場合は15%の金利が取られるのです。

ブラックカードを持っている人はキャッシングすることはないと思いますが、要するにクレジットカードのキャッシングでは、有名なところでも消費者金融と同じ金利を取っていると言うことです。

そこで、借り換えに向いているのが銀行のカードローン。
金利の低さに加えて、銀行カードローンは消費者金融とは違い、限度額ごとに金利設定がされています。

銀行カードローン  金利
みずほ銀行 年1.5%~13.5%
オリックス銀行 年1.7%~17.8%
三井住友銀行 年4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行 年4.6%~14.6%
イオン銀行 年3.8%~13.8%
楽天銀行 年1.9%~14.6%

カードローンでは基本的に金利を引き下げるのは増額など限度額を増やした場合に限られます。
ただ単に、今借りている限度額のまま金利だけを下げてほしいと言っても、それはできません。

そのような事になると、金利を引き下げれば利息収入が減ってしまいます。

利息収入が経営の大きな柱となっていますので、自ら進んでその柱を壊すようなことは当然ながらしません。

これは消費者金融会社に特に言えることで、契約途中で金利18%から14%などに大幅に引き下げは99%無理と思っておいてください。

支払いが苦しいので金利を下げてほしいと相談しても、債務整理を勧められるだけです。

債務整理は将来利息が付かず元金のみの返済になりますので金利は0%ですが、信用情報に事故情報(異動情報)が登録されますので、それによってクレジットカードやローンが組めなくなるデメリットが出てきます。

そのことを考えると金利を引き下げるための債務整理は絶対にしない方がいいでしょう。

銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しいのは誰もが知っていることで、借り換え用に融資を受けたいと言っても本当に貸してくれるのか?と、

消費者金融しか借りたことがない人は、銀行カードローンの審査を不安に思うのは当たり前のことです。

しかし、借り換えローンとして銀行カードローンに申込みした場合、そこまで審査は厳しくはありません.

特に消費者金融1件しか借入がない人は借り換えとして利用したい旨を伝えれば、高確率で銀行の審査は通ると言ってもよいでしょう。

なぜなら、1件借りていた消費者金融の支払いが問題なくできていた人は、金利を下げた銀行カードローンでは尚更、返済は可能と判断されるのです。

低金利なのは銀行だと、誰もが思っているのですが、急にお金が必要になったときにすぐに借りられるのは消費者金融のイメージがまだ強いのです。

カードローンは1件で50万円の限度額で利用している人が1番多く、2件、3件など借入件数が多くなればなるほど利用者は少なくなっています。

そのため最初に消費者金融から借りた人はそのままずっと1件のまま上手に利用している人がかなり多いのです。

銀行はその顧客を欲しがっています。そのため、消費者金融1件のみの借入でずっと利用している人から借り換えの申込みがあったのならば、よっぽど問題がなければ(支払いが遅れているや無職など)借り換えの審査は通過するはずです。

借り換えというのは、元のカードローンを新たに借りた融資金で完済しますので、実質的に借入件数は増えません。
消費者金融を利用していた人も、銀行で借り換えすることによって借入先は銀行カードローン1社に変更になるのです。

金利を引き下げて、返済額も下がった場合、今まで以上に返済が楽になりますので、その状態で支払いに悪影響がでることは考えにくいのです。

投稿日:2017年9月5日 更新日:

執筆者:

TOP